2018年11月17日更新.3,353記事.5,760,333文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リンデロンVG軟膏で難聴?

スポンサーリンク


アミノグリコシド系抗菌薬と難聴

リンデロンVG軟膏を外耳炎に処方する医師がいる。

リンデロンVGに含まれるG(ゲンタマイシン)はアミノグリコシド系の抗生物質で、難聴やめまいなどの耳毒性で有名な抗生剤である。
そのため、耳周りに処方されるのには抵抗がありますが、内服や注射ではないし、まあいっかとも思う。

リンデロンVGの添付文書の副作用には、以下のように書かれている。

長期連用(ゲンタマイシン硫酸塩による)注5
頻度不明
腎障害,難聴

注5:長期連用を避けること。

虫刺されなどで、安易に処方されがちなリンデロンVG軟膏ですが、ただの痒み止めだと思って、長期連用する患者もいます。
耳が痒いから、と長期連用されることも考えられるので、ゲンタマイシンによる難聴・めまい、だけでなくステロイドによる真菌症などを起こさないよう、適正使用に注意する必要があります。

メニエール病にゲンタマイシン?

耳毒性薬物の代表的なものとして、アミノ配糖体系抗生物質がある。

具体的に記すとカナマイシン、ネオマイシン、バンコマイシンなどでは蝸牛系が侵されやすく、耳鳴・難聴が起こることがある。

一方、ストレプトマイシン、ゲンタマイシン、トブラマイシンなどでは前庭系が障害されやすく、めまいや平衡障害を引き起こすことがある。

以前使用されていたデヒドロストレプトマイシンでは難聴の副作用が強調されていたが、最近使用されている硫酸ストレプトマイシンは蝸牛系より前庭系に対する親和性が強く、その結果副作用として平衡障害が生じやすいと言われている。

これらのアミノ配糖体系抗生物質は内耳の有毛細胞や内リンパ分泌細胞などを破壊することが知られている。

従って、発想を逆転してメニエール病(内リンパ水腫)の難治例では、内耳の部分破壊を目的にアミノ配糖体系抗生物質を中耳腔に注入する治療が行われることもある。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/11 悪夢をみる薬? (おかる) たいへん参考になりました。 ありがとうございました。。 ...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ