2018年12月18日更新.3,342記事.5,770,694文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。
ニキビ

にきびは皮脂の分泌が増える思春期に好発します。
平均的には12歳前後からでき始めて、高校生の頃に最も悪化し、その後次第に治まってきます。
女性では20歳以上でも発症することがあり、いわゆる大人のにきびと呼ばれています。

小学生や中学生では額の症状が主ですが、次第に頬に移り、顎や頸部、背部、前胸部などにできるようになります。
このことから、思春期のにきびはT型に分布し、大人のにきびは顎を中心にU型に分布するといわれています。