更新日:2016年12月10日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

病院にFAXを送れば服薬情報等提供料を算定できる?


スポンサードリンク

服薬情報等提供料の算定条件

「病院に情報を送れば服薬情報提供料を算定できますか?」と聞かれて困る私です。

2016年4月から残薬確認に関する情報を医療機関に提供した場合にも「服薬情報等提供料」を算定することが可能となりました。

(2) 服薬情報等提供料は、以下の場合に算定できる。
ア 処方せん発行保険医療機関から次の(イ)若しくは(ロ)に掲げる情報提供の求めがあった場合、又は保険薬局の薬剤師が薬剤服用歴に基づき患者の服薬に関する次の(イ)、(ロ)若しくは(ハ)、に掲げる情報提供の必要性を認めた場合にその理由とともに、患者の同意を得て、現に患者が受診している保険医療機関に対して、当該患者の服薬状況等について書面又は電子的な方法(以下「文書等」という。)により提供したときに算定できる。
(イ) 当該患者の服用薬及び服薬状況
(ロ) 当該患者に対する服薬指導の要点、患者の状態等
(ハ) 当該患者が容易に又は継続的に服用できるための技術工夫等の調剤情報

(4) (2)のアについては、以下の場合も含まれる。
ア 保険薬局において患者の服用薬の残薬を確認し、処方せんを発行した保険医療機関に対して情報提供を行った場合

2016年4月からは処方せんの様式変更もあり、医師がチェックマークを入れることで、薬局に情報提供を依頼してくることもあります。
その場合は、「処方せん発行保険医療機関から情報提供の求めがあった場合」として、服薬情報等提供料の算定が可能です。

残薬に限らず、副作用の兆候など、薬剤師の判断で、「医師に伝えておいたほうがいいな」といった情報を医療機関に送った場合に、この服薬情報等提供料を算定することはできるのでしょうか?

ポイントは、「医療機関からの情報提供の求め」と「患者の同意」です。
その2点を確認して、文書による情報提供を行えば、服薬情報等提供料を算定できるでしょう。
薬剤師の判断で勝手に医療機関にFAXを送って「読んでおいてください」と言ったとしても、算定できるものではありません。
とくに「患者の同意」をおろそかにしがちなので、そこは確認すべき。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク