更新日:2016年10月13日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

血管年齢を調べる検査って?


スポンサードリンク

CAVI検査と血管年齢

患者さんが、「あなたの血管年齢は○○歳です」という検査結果の紙を持ってきた。

血管年齢を調べる、つまり動脈の硬さを調べる検査というのがある。
CAVI(キャビィ)検査といいます。

検査でわかる動脈硬化症「CAVI検査って?」 -動脈硬化net-

CAVIとは、心臓(Cardio)から足首(Ankle)までの動脈(Vascular)の硬さを反映する指標(Index)という意味です。
CAVIが9.0を超えると、動脈硬化のリスクが高い。

動脈硬化の危険因子

動脈硬化の危険因子、つまり血管年齢を引き上げる要因は何か。

CAVIの値を高くする要因の筆頭は糖尿病です。
糖尿病になって血糖値のコントロールが悪いと、CAVIの値は約10歳進んでいることがわかっています。
次いでタバコ、続いて高血圧、そして脂質異常も悪化の原因です。
結局、これまでよく知られている動脈硬化の危険因子、加齢・男性・糖尿病・タバコ・高血圧・高脂血症、さらに肥満がCAVIの値を高めることが明らかになってきました。最近、精神的ストレスでも高値を示すことが判明しています。

では血管年齢を下げるためにはどうすればよいか。
CAVIを下げるには、
①体重が多い場合は、減量する
②タバコをすっていたら、やめる(禁煙)
③血圧が高かったら、まず減塩を心がけ、 必要なら、降圧剤を服用する
④糖尿病があるなら、まず減量。次いで、 HbA1cの値が6・5%を切らないな ら、薬物を用いてでも血糖値をさげる
⑤運動をする
⑥ストレスを減らす
理論的にはこれらが有効である。
実は、最近になって、これらはいずれもCAVIの値を下げるということが明らかになってきました。
 
動脈硬化はいったんできると元に戻らないと長い間信じられてきたので、いろいろな改善策を試みても無駄だと考えられていました。
それが、少しずつ、少なくとも進行を抑えられると言われ始めています。
これらのことは、CAVIが動脈硬化に治療法があることを証明したことにもなります。さらに今後はCAVIを指標に、動脈硬化の新しい治療法が発見される可能性も出てきたということです。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク