更新日:2016年9月26日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

充血する薬ほど眼圧を下げる?


スポンサードリンク

充血する薬ほど眼圧を下げる?

緑内障治療薬で充血の副作用は多い。
ルミガンとか、アイファガンとか。

「ルミガン」は血管を太くして、血液の流れを良くする副作用(血管拡張作用)がありますので、点眼すると白目の表面の血管が太くなり充血します。同時に視神経の血管も太くなり血液の流れが良くなることもわかっていますので、緑内障で傷んだ視神経の回復に少しは効果がある可能性もあり、「充血」はあながち悪いばかりの副作用とは言えません。眼圧を下げる点眼薬で充血? 医療相談室 yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

充血するほどよく効くらしい。

承認時の副作用例を挙げると、
ルミガン:結膜充血147例(45.51%)
アイファガン:結膜充血17例(3.83%)
キサラタン:結膜充血71件(17.7%)
ザラカム:結膜充血4例(2.0%)
エイゾプト:眼充血 (1.4%)
トラバタンズ:眼の充血 (22.0%)
タプロス:結膜充血151件(31.3%)

ルミガンは特に充血が多い印象。

充血するほど良く効く? にしわき眼科クリニック、院長日記。 – 楽天ブログ
「眼圧下降は、結膜充血の程度と強く相関する」

充血が気になって薬を止めた、という人もいるかも知れませんが、「充血するほど薬がよく効いている証拠ですよ」と声掛けしてみよう。

しかし、急性緑内障の症状で充血をするというパターンもあるようなので、薬の副作用かどうかは見極める必要がある。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク