更新日:2017年1月21日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

シュアポストとプラビックスを併用しちゃダメ?


スポンサードリンク

シュアポストとプラビックスとCYP2C8

2016年1月の添付文書改訂で、シュアポストとプラビックスの併用が「併用注意」に記載されました。

糖尿病用薬のシュアポストと、抗血栓薬のプラビックスの併用は、よくありそう。
うちの薬局にもいたかも知れない。

まあ、併用注意なんで、医師の判断で投与される組み合わせ。
疑義照会するレベルではない。

と、思いきや、その併用は重度低血糖を招くレベルのリスクをもたらす可能性があるようだ。

プラビックスの添付文書をみると、

相互作用 併用注意
薬物代謝酵素(CYP2C8)の基質となる薬剤
レパグリニド

臨床症状・措置方法 レパグリニドの血中濃度が増加し、血糖降下作用が増強するおそれがある。
機序・危険因子 本剤のグルクロン酸抱合体によるCYP2C8阻害作用により、レパグリニドの血中濃度が増加すると考えられる。

薬物動態 参考(海外データ)
レパグリニド
健康成人にクロピドグレル硫酸塩(1日1回3日間、クロピドグレルとして1日目300mg、2~3日目75mg)を投与し、1日目と3日目にレパグリニド(0.25mg)を併用した結果、レパグリニドのCmax及びAUC0-∞は、レパグリニドを単独投与したときと比較して1日目は2.5及び5.1倍、3日目は2.0及び3.9倍に増加した。また、t1/2は1.4及び1.2倍であった。

シュアポストのCmaxが2倍以上となっております。

シュアポスト自体、他のグリニド系に比べて低血糖のリスクの高い薬なので、その血中濃度がさらに上がるとなると、低血糖にはより一層の注意が必要となる。

この組み合わせはカナダでは併用禁忌となっているそうだ。

CYP2C8ってチトクロムP450の中ではあまり馴染みが無い。
てゆうか、馴染みがあるのはCYP3A4しか無いんですけどね。

シュアポストの添付文書のほうでは、
デフェラシロクス(エクジェイド)
クロピドグレル (プラビックス)
スルファメトキサゾール・トリメトプリム(バクタ)
が、CYP2C8阻害作用による併用注意として挙げられている。

シュアポストとバクタの併用にも注意を要する。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク