更新日:2016年12月21日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

吸入ステロイドで肺炎になる?


スポンサーリンク

吸入ステロイドと風邪

ステロイドには免疫抑制作用がある。

そのため、風邪をひきやすくなるということは考えられる。
投薬時に「風邪に注意してください」ということは一般的な注意事項として患者に伝える。
しかし、長期間大量に服用するのでなければ、さほど風邪をひきやすくなる、あるいは風邪症状を悪化させるということはみられない。
むしろ咽頭痛など炎症が強い場合には、ステロイドを投与したりもする。

風邪をひいたときには、体内から多くのステロイドホルモンが分泌される。
風邪をひいたときに、ステロイドは必要な物質なのです。
体にアクセルだけをかけても負担がかかりすぎ消耗していく。ブレーキもかけて、バランスをとらなければならない。

風邪の時に吸入ステロイド薬を使い続けてもいいのでしょうか。

風邪の時に吸入ステロイド薬を使っても全く問題はありません。ステロイドを吸入していると風邪を引きやすくなるかとか気管支炎を起こしやすくなるかという質問をよく受けますが、今は否定されています。風邪の時に吸入ステロイド薬を止めると喘息が悪くなる可能性が高いので使い続けてください。アレルギー情報センター Q&A 喘息

こういう質問もよく受け付ける。

理屈ではステロイドによって風邪をひきやすくなるのだろう。理屈っぽい患者さんは納得しなかったりする。
しかし、統計上そのような差はみられないので、恐らく市販されている吸入ステロイドの用量では、そこまでのリスクがないということだろう。

COPDに吸入ステロイドは効かない?

吸入ステロイドにCOPDの適応はありませんが、COPDのガイドラインでは吸入ステロイドの使用も推奨されています。
COPDの患者に吸入ステロイドを使い続けると、肺炎になりやすくなるという話も。

吸入ステロイド剤は、現時点ではCOPDに適応はないが、ガイドラインでは、Ⅲ度以上で増悪を繰り返す患者に使用を推奨している。
高用量の吸入ステロイド剤は、急性増悪の頻度を低下させ、QOLを改善するからである。
ただしガイドラインでは、高用量の吸入ステロイド剤を長期使用すると、肺炎が増加する可能性があるとしている。

COPDにおいては抗コリン薬の有効性が高いことはエビデンスとして認められています。一方でICSの使用が比較的重症で増悪頻回例に限定されているのは、これまでのICS単剤投与試験でのメタ解析の結果から、ICSは軽症での増悪を抑制せず、重症以上でしか有用性がないことが示されていたためです。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療と管理 ─新しいガイドラインとICS-LABA配合薬の位置づけ─

らしい。
短時間作用型気管支拡張剤しか処方されない患者さんがいたら、気管支喘息ではなくCOPDかも知れません。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ