2019年2月20日更新.3,370記事.5,924,009文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リウマトレックスとPPIを併用しちゃダメ?

スポンサーリンク


リウマトレックスとPPIの相互作用?

リウマトレックスの相互作用に、

プロトンポンプ阻害剤
臨床症状・措置方法 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。
機序・危険因子 機序は不明であるが、メトトレキサートの血中濃度が上昇することがある。

と書かれている。

相互作用を覚えるときに、機序不明ってのが困る。

てなわけで、可能性として挙げられているBCRPについて調べる。

BCRP(Breast Cancer Resistance Protein)は、メトトレキサートの輸送蛋白として働く。
そのBCRPの活性をPPIが阻害するため、メトトレキサートのクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するのではないかという可能性。

BCRPを訳すと乳がん耐性蛋白。
なんでこういう名称なのかはよくわかりません。

相互作用といえばCYP、で頭が止まっているガラパゴス薬剤師の私は、トランスポーターの話についていけていない。

スポンサーリンク

腎機能により投与量を変更すべき循環器用薬は?

IMG_0670
薬剤師

日本腎臓病薬物療法学の「2018改訂31版腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤一覧」の中で、腎機能によって投与量を変更する必要がある薬剤としてあげられている循環器用薬はどれか。下記の中から2つ選べ。
a. ジゴキシン(商品名:ジゴキシンKY錠等)
b. ミルリノン(商品名:ミルリーラK注射液等)
c. ロサルタン(商品名:ニューロタン錠等)
d. カルベジロール(商品名:アーチスト錠等)
e. エプレレノン(商品名:セララ錠)

先生

答えは↓

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク