2019年3月22日更新.3,397記事.5,981,261文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

睡眠時無呼吸症候群に睡眠薬は禁忌?

スポンサーリンク


睡眠時無呼吸と睡眠薬

睡眠時無呼吸症候群に対する睡眠導入剤の使用は、原則禁忌とされています。
ベンゾジアゼピン系の薬剤は、催眠作用に加えて筋弛緩作用も有しており、無呼吸症状を悪化させるからです。

中でも、作用時間の長いクアゼパム(ドラール)は、添付文書上で睡眠時無呼吸症候群患者に対する投与を禁忌としている。
ただ、ゾピクロン(アモバン)やゾルピデム(マイスリー)などのベンゾジアゼピンの化学構造を持たない非ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤の一部は、筋弛緩作用が比較的弱いことから、睡眠時無呼吸症候群に対して使用されることがあります。

しかし、睡眠薬を飲んだせいで無呼吸に気づかずに死亡する、なんてことは無い。

睡眠薬と睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群には原則、睡眠薬は使用すべきではないとされている。
睡眠薬の筋弛緩作用で舌根が下がり、呼吸抑制が悪化する恐れがあるためで、実際クアゼパム(ドラール)は、同症候群患者への投与が禁忌である。

ただし、ゾピクロン(アモバン) やエスゾピクロン(ルネスタ)、ゾルピデム酒石酸塩(マイスリー) は、筋弛緩作用が少なく、同症候群を悪化させる恐れはほとんどないと言われている。

参考書籍:日経DIクイズ

ω受容体

ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤はいずれも、γ-アミノ酪酸(GABA)-A受容体複合体のω受容体に働き、GABAの作用を増強する。
ω受容体には二つのサブタイプがあり、ω1受容体は抗不安作用や筋弛緩作用に深く関与している。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬はω1、ω2受容体の両方に作用するが、ゾピクロンやゾルピデムはω1選択性が高く、筋弛緩作用が弱いのである。

スポンサーリンク

泌尿器通院の処方で最も注意すべき薬は?

IMG_0670
薬剤師

風邪症状にて下記が処方されたが、泌尿器科の薬を飲んでいるとのこと。最も注意すべき薬は?
A. イソジンガーグル
B. カロナール
C. PL顆粒
D. フロモックス
E. メジコン

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索