2018年10月15日更新.3,348記事.5,690,241文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

シロップは冷所保存?

スポンサーリンク


冷所保存

家庭で、シロップ剤や目薬みたいな液剤は、冷蔵庫に保管しておくことが多い。
開封後、繰り返し使うと細菌に汚染されやすいから。

しかし、薬局内で開封前のシロップや目薬を保管するのは大体室温であることが多い。
薬局の冷蔵庫であまり大きなものを置いていない場合もあり、あまりかさばる容器で、開封前のものは冷蔵庫には入れていないことが多い。

シロップの貯法に関する記載

アルロイドG:室温保存。開封後は冷所に保存。
イソバイドシロップ:室温保存
ムコダインシロップ:室温保存 開栓後は汚染防止のため、使用の都度必ず密栓し冷所に保存すること。
小児用ムコソルバンシロップ:遮光した気密容器にて室温保存 本剤は、低温下で添加物の結晶が析出することがあるので、保管に際しては注意すること。
トランサミンシロップ:室温・しゃ光保存
インクレミンシロップ:遮光、室温保存
レフトーゼシロップ:室温保存
ザジテンシロップ:室温保存
デパケンシロップ:室温保存
ポララミンシロップ:室温保存
ポンタールシロップ:密栓、室温保存
アスベリンシロップ:室温保存 開栓後は汚染防止のため、清潔に取扱うこと(遮光した気密容器)
セレネース内服液:遮光・室温保存
シアナマイド内用液:冷所保存

貯法には「室温保存」という記載でも、取扱い上の注意に冷所保存が指示されているものもある。
モニラックシロップ:防腐剤、安定剤、着色剤を加えず加熱処理して容器に封入してあるので、褐色瓶及びプラスチック容器の製品を一度開封し、長期に使用する場合は冷所に保存すること。
イソバイドシロップ:500mL瓶を開封後は密栓し冷所に保存すること。
C-チステンシロップ:開封後は汚染防止のため、使用後は必ず密栓して冷所に保存して下さい。

添付文書は最後まで読みましょう。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料