2019年3月20日更新.3,396記事.5,979,125文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

PPIで骨折しやすくなる?

スポンサーリンク


PPIの骨折リスク

プロトンポンプ阻害剤(PPI)を1年以上服用すると、大腿骨頸部骨折の危険が22%も増加することが、英国の50歳以上を対象にした調査で分かりました。

服薬期間が長いほど、1日平均投与量が多いほど、骨折リスクはより増加しました。

タケプロンの添付文書の使用上の注意には以下のように記載されている。

海外における複数の観察研究で、プロトンポンプインヒビターによる治療において骨粗鬆症に伴う股関節骨折、手関節骨折、脊椎骨折のリスク増加が報告されている。特に、高用量及び長期間(1年以上)の治療を受けた患者で、骨折のリスクが増加した。

カルシウムは胃酸でイオン化されて、吸収されやすい形になるために胃酸分泌を抑制するとカルシウム不足から骨粗鬆症になりやすいという可能性が考えられています。

しかし、もともと骨粗鬆症だった人は背中が丸くなりやすく、胃液が食道に逆流しやすい(逆流性食道炎)ので、PPIを服用することもあります。

骨折してNSAIDsとPPIを飲んで、また骨折しやすくなって・・・と整形外科を受診し続けるわけです。
PPI服用時にはカルシウム剤も併用したほうが良いかな。

プロトンポンプ

プロトンポンプは、胃壁細胞意外にも腎臓、破骨細胞などに存在しており、破骨細胞にある液胞型(V型)のプロトンポンプは、骨吸収に関与しているため、PPIによるプロトンポンプの阻害は、むしろ骨吸収の抑制につながる可能性もあるとの指摘もあります。

スポンサーリンク

MDRP感染患者にAgsを使用 正しい採血指示は?

IMG_0670
薬剤師

多剤耐性緑膿菌(Multiple drug resistant Pseudomonas aeruginosa;MDRP)の感染患者に対してアミノ配糖体系抗菌薬(AGs)を使用したい。有効性確保と副作用防止のため血中濃度モニタリングを行う際の採血指示で正しいのは以下のうちどれか?
A. 投与直前(トラフ値)
B. 投与終了直後(ピーク値)
C. 投与開始1時間後(ピーク値)
D. 投与直前と投与終了直後
E. 投与直前と投与開始1時間後

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  8. 湿疹と発疹の違いは?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索