更新日:2016年12月21日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

坐薬は冷所保存しなきゃダメ?


スポンサードリンク

坐薬は溶ける?

坐薬は冷蔵庫に保管していることが多い。

しかし、冷蔵庫に保管しなくてもよい坐薬がある。
アンヒバ、ボルタレンサポ、インテバン、ユニプロン、アニスーマは冷所保存。
ダイアップ、ナウゼリン坐剤、テレミンソフト、ボラザG、エポセリン、サラゾピリンなどは室温保存でよい。

坐薬には、体温で溶けるタイプと体液で溶けるタイプがある。
体温で溶ける坐薬は融点が体温よりも低い30℃前後の油脂性基剤で作られています。
そのため、冷蔵庫で保管する必要がある。
体液で溶ける坐薬は融点が50℃前後の水溶性基剤で作られているため室温保存が可能。

しかし、水溶性基剤のタイプでも高温を避ける必要はあり、室温保存と記載されていても、「高温を避けて」とか「30℃以下」とか記載されているものも多いので、冷蔵庫に保管した方が無難ではある。

冷凍庫に保管しちゃダメ?

ナウゼリン坐剤の保管は室温で可能であるが、冷蔵庫で保管しても薬効の減弱などはない。
ただし冷凍保存に関しては、主薬の安定性上は問題ないものの、使用時、室温に戻した際に、変形や割れなどを生じる恐れがあるため控えた方がいい。

アルピニー坐剤は室温保存?

アンヒバ坐剤の貯法は「冷暗所保存」となっている。
そのため冷蔵庫に保管されている。

同じアセトアミノフェン坐剤のアルピニー坐剤の添付文書をみると、
「貯法:直射日光をさけ、30℃以下で保管すること。」
となっていることに初めて気づいた。

アルピニー坐剤は室温保存で良いらしい。

カロナール坐剤も冷所保存となっていたが、他のアセトアミノフェン坐剤は室温保存が多かった。

なぜだ?
同じアセトアミノフェン製剤なのに。
添加物の違いか?と思いきや同じハードファット。

アンヒバも室温で良さそう。

ちなみにOTCの「こどもパブロン坐薬」も「直射日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に保管してください。」となっており、普通に冷蔵庫ではなく、店頭に並んでおります。
しかし、エアコンが故障したときなどは30℃を超えることがあるので要注意です。

参考書籍:日経DIクイズベストセレクションBASIC篇

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク