更新日:2017年1月2日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

面白い病名一覧


スポンサードリンク

面白い病名

猫ひっかき病
むずむず脚症候群
パリ症候群
キス病
木村病
菊池病
橋本病
ポックリ病
もやもや病
りんご病
アライグマ症候群
歌舞伎メーキャップ症候群
噛みしめ呑気症候群
空の巣症候群
サザエさん症候群
主人在宅ストレス症候群
スパゲッティ症候群
性器収縮症候群
中華料理店症候群
使い過ぎ症候群
ナイチンゲール症候群
荷おろし症候群
ストックホルム症候群
ネコ鳴き症候群
のび太・ジャイアン症候群
不思議の国のアリス症候群
文化依存症候群
みのもんた症候群
燃え尽き症候群
揺さぶられっ子症候群
ランチメイト症候群
恋愛回避症候群
痛む足と動く足趾症候群
ピーターパン症候群
青い鳥症候群
月曜病

代理ミュンヒハウゼン症候群

娘の点滴に水道水混入…母に懲役10年 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 娘3人の点滴に水道水などを混ぜて死傷させたとして、傷害致死罪などに問われた母親の高木香織被告(37)の裁判員裁判の判決が20日、京都地裁であった。
 増田耕兒(こうじ)裁判長は「子どもの痛みや苦しみを理解せず、身勝手で自己中心的な犯行に同情の余地はない」として、懲役10年(求刑・懲役15年)の実刑を言い渡した。
 判決によると、高木被告は2006年、四女(当時8か月)の点滴に水を多数回混入して死亡させた。04年に三女(当時2歳)、08年には五女(3)の点滴にもそれぞれ異物を混入し、敗血症などで重症にさせた。
 高木被告は、看病する自分に同情を集めようとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断され、量刑が争点だった。
 増田裁判長は「特殊性の評価が重要」と述べ、動機は「子どもの看病に尽くす良い母親として評価されたいという思いだった」と指摘した。さらに「危険性を認識しながら混入を続け、常習的で悪質」とし、弁護側が否定し、情状面の争点の一つであった、四女の重篤後の混入も認定した。
 一方、同症候群のため、刑事責任能力が一定程度低下していたと認めたが、弁護側の執行猶予付きが相当との主張は退けた。
 判決後、裁判員と補充裁判員を務めた計4人が記者会見した。
 土日を除く過去最長とみられる9日間の長期審理について、女性裁判員は「9日間で良かった。おかげで医学用語が理解でき、十分な評議もできた」と述べた。
 「代理ミュンヒハウゼン症候群」について、男性の補充裁判員は「(証人の)医師から聞き、ある程度分かったと思うが、はっきり理解できない点もある」と話した。一方、女性の補充裁判員は、難解な医学用語について「評議の核となるポイントだけを理解すればよく、そんなに難しくなかった」と述べた。

うーん、わからない病気です。代理ミュンヒハウゼン症候群。

子供に対する愛情よりも、自分が同情されたいという欲望のほうが勝るなんて。

旦那を殺すならわかるけど。なんて。

サザエさん症候群

サザエさん症候群という病気があります。

日曜日の夕方~深夜、特に日曜日の夕方6時30分からフジテレビで放送される『サザエさん』を見た後、翌日からまた通学・仕事をしなければならないという現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称です。

わかりますねー。

休日の終わりは憂鬱です。

土曜の夜がMAXですね。

ま、病気というほどのものでもありませんが。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク