2019年3月19日更新.3,395記事.5,972,840文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

神経衰弱ってどんな病気?

スポンサーリンク


nervous breakdown

現代人の間で増える「Nervous Breakdown」の症例(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版) – goo ニュース

不幸な結婚を終わらせ、2回失業したハンナ・シャピロさんは昨年、家族のいる英国から遠く離れた米フロリダで小さな子ども2人を抱え、独りぼっちだった。「とても怖くて、無気力だったわ」とシャピロさんは言う。「心臓は早打ちするし、子どもたちを学校に送ったら、後は帰って寝ていたのよ」という。

そんな1週間を過ごした後、シャピロさん(33)は「電球」が灯る瞬間を経験したという。「私はベッドの中で一体ぜんたい何をしているのって思ったの。変えられると思い、実際そうしたわ」という。シャピロさんは文章を書く能力を仕事に生かし、コミュニケーション・コンサルティングの事業を始めた。まだ不安を感じることはあるが、崩壊寸前だという感覚は消えた。「自分で目を覚ましたのよ」とシャピロさんは言う。

50年前ならシャピロさんの経験は「nervous breakdown(神経衰弱、ノイローゼ)」―深刻な精神疾患からアルコール依存症、結婚生活のトラブルやストレスまで様々な個人的危機をそう呼んだ非科学的な名前―と呼ばれていただろう。

今日の精神医学はもっと細密だ。日常生活に突然、適応できなくなれば、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やGAD(全般性不安障害)、うつ病といった数多くの精神疾患のひとつに分類される。患者や医師のなかには、精神疾患ではなく外的圧力による一時的な精神の不安定さを表わす病名を望む声があるにもかかわらず、「nervous breakdown」の穏やかな症例につけられた公式な名前はない。

神経衰弱 (精神疾患) – Wikipedia
神経衰弱(しんけいすいじゃく、英: Neurasthenia)は、1880年に米国の医師であるベアードが命名した精神疾患の一種である。
症状として精神的努力の後に極度の疲労が持続する、あるいは身体的な衰弱や消耗についての持続的な症状が出ることで、具体的症状としては、めまい、筋緊張性頭痛、睡眠障害、くつろげない感じ、いらいら感、消化不良など出る。当時のアメリカでは都市化や工業化が進んだ結果、労働者の間で、この状態が多発していたことから病名が生まれた。戦前の経済成長期の日本でも同じような状況が発生したことから病名が輸入され日本でも有名になった。
病気として症状が不明瞭で自律神経失調症や神経症などとの区別も曖昧であるため、現在では病名としては使われていない。

神経衰弱って聞くと、トランプのゲームがまず思い浮かぶ。

病気って位置づけではないですね。

でも、その代わりに色んな精神病が生まれましたが。

スポンサーリンク

軟膏・クリーム剤の組合せで混合処方が可能なのは?

IMG_0670
薬剤師

下記の軟膏やクリーム剤の組み合わせのうち、混合して患者さんに渡せる処方はどれか。
A. ゲーベンクリーム(O/W)+パスタロンソフト軟膏(W/O)
B. リドメックス軟膏(O)+白色ワセリン(O)
C. リンデロンVクリーム(O/W)+ヒルドイドソフト軟膏(W/O)
D. オキサロール軟膏(O)+白色ワセリン(O)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  8. 湿疹と発疹の違いは?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク