2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

授乳中に使っちゃいけない目薬?

スポンサーリンク


授乳婦に禁忌の目薬

目薬というと、飲み薬よりも安全、副作用は少ない、という印象。

妊娠中や授乳中に使っても問題ない、という印象ではないでしょうか?

実際に使って胎児や乳児に影響があるかどうか、というのは別にして、添付文書上は「授乳中に使ってはいけない」となっている目薬は意外と多い。

授乳婦に禁忌の目薬、というのはありませんが、使用上の注意の「妊婦,産婦,授乳婦等への使用」に、授乳中に使ってはいけないとなっている薬は以下の通り。

医薬品名添付文書の記載
アイファガン授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:経口投与)で乳汁中に移行することが報告されている。]
アゾルガ授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。 [授乳中の投与に関する安全性は確立していない。ブリンゾラミドでは、動物実験で乳汁中に移行することが報告されている。チモロールマレイン酸塩では、ヒト母乳中へ移行することがある。]
アレジオン授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:経口)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
エイゾプト動物実験で乳汁中に移行することが報告されているので、授乳中の婦人には授乳を避けさせること。[授乳中の投与に関する安全性は確立していない。]
ガチフロ妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中及び授乳中の投与に関する安全性は確立していない。]
キサラタン授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物試験(ラット:静脈内投与)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
グラナテック授乳中の婦人には投与しないこと。やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。〔動物実験(ラット:経口投与)で乳汁中へ移行することが報告されている。〕
ケタス本剤投与中は、授乳を中止させること。[動物実験(ラッ卜、経口)で母乳中へ移行することが報告されている。]
コソプト本剤投与中は授乳を中止させること。〔ヒト母乳中へ移行することがある。〕
ザラカム授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:静脈内投与)でラタノプロスト及びその代謝物は乳汁中へ移行することが報告されている。チモロールマレイン酸塩はヒト母乳中へ移行することがある。]
ゼペリン妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中及び授乳中の婦人への投与に関する安全性は確立していない。]
タプコム授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:点眼投与)でタフルプロストは乳汁中へ移行することが報告されている。チモロールマレイン酸塩はヒト母乳中へ移行することがある。]
タプロス授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験(ラット:点眼投与)で乳汁中への移行が報告されている。]
タリムス授乳中の婦人には授乳を避けさせること。 [母乳中へ移行する可能性がある。]
チモプトール本剤投与中は授乳を中止させること。〔ヒト母乳中へ移行することがある。〕
デタントール授乳中の婦人には投与しないこと。やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させること。[授乳婦に投与した場合の乳児に対する安全性は確立していない。動物実験(ラット:経口)で乳汁中への移行が報告されている。]
デュオトラバ授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。
トラバタンズ授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験 (ラット: 皮下投与) で乳汁中へ移行することが報告されている。]
トルソプト本剤投与中は授乳を中止させること。〔授乳中の投与に関する安全性は確立していない。〕
ハイパジールコーワ本剤投与中は授乳を避けること。〔動物実験で、経口投与で母乳中へ移行することが報告されている。〕
パタノール授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物実験 (ラット、経口) で乳汁中への移行及び出生児の体重増加抑制が報告されている。]
パピロックミニ授乳中の婦人には投与しないこと。やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させること。[授乳婦に投与した場合の乳児に対する安全性は確立していない。母乳中へ移行するとの報告がある。]
ピバレフリン授乳中の婦人には投与しないこと。やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させること。[授乳婦に投与した場合の乳児に対する安全性は確立していない]
ベトプティック動物実験で、乳汁中へ移行することが報告されているので、授乳婦に投与する場合は、投与中は授乳を避けさせること。
ミケラン授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、投与する場合は授乳を避けさせること。[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
ミケルナ授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、投与する場合は授乳を避けさせること。[カルテオロール塩酸塩及びラタノプロストは動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
ムコスタ授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。[動物実験(ラット:経口)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
リボスチンヒト母乳中へ移行することが報告されているので、授乳中の婦人への投与は避け、やむを得ず投与する場合は、授乳を中止させること。
ルミガン授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること。[動物試験(ラット:静脈内投与)で乳汁中へ移行することが報告されている。]
レスキュラ授乳中の婦人に投与することを避け,やむを得ず投与する場合には授乳を中止させること.[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている.]

緑内障の目薬が多いので、授乳中に使っているという婦人は少ないだろう。
しかし、アレジオンやリボスチンといったアレルギーの目薬もあるので、授乳中であることを確認したら、疑義照会が必要となる。
代替薬としては、ザジテンとかインタールには授乳中の注意の記載が無いので、提案できるだろう。

スポンサーリンク

クレストールの効果が低下する併用薬は?

IMG_0670
薬剤師

クレストール(一般名:ロスバスタチン)を服用中で効果が低下する併用薬は次のうちどれか。
A. パリエット(一般名:ラベプラゾール)
B. マグミット(一般名:酸化マグネシウム)
C. セレコックス(一般名:セレコキシブ)
D. ソブリアード(一般名:シメプレビル)
E. スチバーガ(一般名:レゴラフェニブ)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索