更新日:2017年5月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ナルサス錠とナルラピド錠の違いは?


スポンサードリンク

ヒドロモルフォン塩酸塩

ナルサス錠とナルラピド錠。成分はどちらも同じヒドロモルフォン塩酸塩の錠剤です。
麻薬性の強オピオイド鎮痛剤です。

ナルサス錠は1日1回投与型の徐放錠。
ナルラピドは即放錠。ラピド(rapid:速い)からくるネーミング。

ヒドロモルフォン塩酸塩は、海外において80年以上販売されているあへん系麻薬性鎮痛剤であり、WHO(世界保健機関)のがん性疼痛治療のためのガイドライン等において疼痛管理の標準薬に位置付けられている。

日本でも、そのうち使用頻度は多くなってくるのでしょうか。
麻薬の種類が増えることは、薬局にとっては頭の痛い問題が増えることにもつながる。

ナルサス錠の規格は、ナルサス錠2mg/ナルサス錠6mg/ナルサス錠12mg/ナルサス錠24mgと、4規格。
ナルラピド錠の規格は、ナルラピド錠1mg/ナルラピド錠2mg/ナルラピド錠4mgと、3規格。
はあ。。。溜息が出ます。またデッドストックが増えます。

用法はそれぞれ、
ナルサス:通常、成人にはヒドロモルフォンとして4~24mgを1日1回経口投与する。
ナルラピド:通常、成人にはヒドロモルフォンとして1日4~24mgを4~6回に分割経口投与する。

ナルサス錠を定期で使って、ナルラピド錠をレスキューで使うという方法。

海外では80年以上使われている薬で、特に真新しい薬ではない。
なんで今まで販売されなかったのかな。モルヒネがあればいらないってこと、でもないのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク