更新日:2017年2月27日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リンゼスとイリボーの違いは?


スポンサーリンク

便秘型過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の新しい治療薬が出るようです。
その名はリンゼス錠。一般名はリナクロチド。

過敏性腸症候群治療薬といえば、イリボー(ラモセトロン塩酸塩)。
イリボーとリンゼス、何が違うのかと聞かれれば、全然違う薬。下剤と下痢止めくらい違う薬。

同じ過敏性腸症候群治療薬ではありますが、適応は異なる。
イリボーは下痢型過敏性腸症候群治療薬で、リンゼスは便秘型過敏性腸症候群治療薬。
過敏性腸症候群といえば、別名「各駅停車症候群」とも言われるように、全体でみると「下痢型」のほうが多い印象。

しかし、女性に限って言えば、便秘型の方が多い。
下痢型に使われるイリボーは、便秘になりやすい女性に対しての用量は低めに設定されている。
イリボーの用法用量は以下のようになっている。

男性における下痢型過敏性腸症候群
通常、成人男性にはラモセトロン塩酸塩として5μgを1日1回経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は10μgまでとする。

女性における下痢型過敏性腸症候群
通常、成人女性にはラモセトロン塩酸塩として2.5μgを1日1回経口投与する。
なお、効果不十分の場合には増量することができるが、1日最高投与量は5μgまでとする。

リンゼスの用法用量は以下のようになっている。

通常、成人にはリナクロチドとして0.5mgを1日1回、食前に経口投与する。
なお、症状により0.25mgに減量する。

特に男性と女性で用量が異なってはいない。

リンゼスは食前服用?

リンゼス錠の用法は食前服用となっている。
なぜか?
添付文書ではわからなかったが、インタビューフォームに答えが載っている。

「リナクロチド経口投与後の臨床薬力学」に以下の記載が見られる。

BSFSスコアの調整済み平均値の差(食後投与-食前投与)(90%CI)は、0.68(0.33-1.02)であり、食前投与に比べて食後投与で、統計的に有意なBSFSスコアの上昇が認められた。SBM頻度、CSBM頻度及びいきみの重症度スコアでも、反復投与での薬力学的な変化が認められ、投与条件別では、食前投与に比べて食後投与で、変化量が大きかった。

BSFSスコアのBSFSとはブリストル便形状スケールのことで、スコア1から7まである。
スコア1:兎糞状便(硬くてコロコロ状の排便困難な便)
スコア2:塊便(コロコロ便の集合体、ソーセージ状だが硬い便)
スコア3:普通便(表面にひび割れのあるソーセージ状の便)
スコア4:普通便(バナナ状、表面が滑らかで軟らかいソーセージ状、蛇のようにとぐろを巻く便)
スコア5:軟便(軟らかいバナナ状、はっきりとしたしわのある軟らかい半固形で容易に排便できる便)
スコア6:泥状便(境界がほぐれてふにゃふにゃの不定形の小片便)
スコア7:水様便(水様で固形物を含まない液体状の便)

BSFSスコアが上昇するということは、下痢っぽくなるということ。
下剤なんだから、下痢っぽくなっても良いと思うのですが。
食前投与で効果が弱い患者に対しては、食後投与という選択をしてくる医師もいるだろう。でも薬局は疑義照会しないといけないわけだ。

リンゼスはアミティーザに似ている?

リンゼスの作用機序は、グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト。
「本剤の腸管分泌及び腸管輸送能促進作用並びに大腸痛覚過敏改善作用が、便秘型過敏性腸症候群における排便異常及び腹痛・腹部不快感の改善に寄与すると考えられる。」
腸液の分泌促進といえば、アミティーザ。作用機序としては似ているようだ。

アミティーザは妊婦に禁忌となっているが、リンゼスは禁忌となっていない。
しかし、下剤というカテゴリの薬は、いずれにしても妊婦に注意する必要がある。
過敏性腸症候群の患者は20~40代の比較的若い年齢層が多く、便秘型過敏性腸症候群の患者も、若い女性が多いと考えられる。

便秘型過敏性腸症候群をターゲットとして、どれだけのマーケットがあるのかわからないが、処方を見る機会があるのだろうか。

スポンサーリンク

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    記事にも書いてある通り、食後に飲むと少し下痢っぽくなるかも知れないという理由なだけで、食前じゃなきゃダメだというわけでほありません。
    他に朝食後に飲んでいる薬があって、一度に飲んだほうが忘れない等、医師がなんらかの事情を考慮して食後にした可能性もありますが、下痢が心配であれば休み明けまで朝食前で飲んで、休み明けに問い合わせてみても良いでしょう。

    yakuzaic:2017/6/24

  2. 今日過敏性腸症候群かもしれないと診断されてリンゼス錠を朝食後と処方されましたが、ネットで調べるとリンゼス錠は食前に飲む薬と書かれていて、どうしたらいいのかわかりません。病院も薬局ももう閉まってて連絡がつきません。先生が間違ったのか、あえての食後なのか?どう思いますか?

    匿名:2017/6/24

  3. 大丈夫ですよ!

    エセ薬剤師:2017/6/21

  4. 朝5時頃にリンゼスのみ13時頃にアミテーザ飲んだけど大丈夫ですか

    匿名:2017/6/8

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク