2020年8月6日更新.2,416記事.5,561,337文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたいなと。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

薬を水なしで飲んじゃいけない理由


水なしで薬を飲む

時折、水なしで薬を飲むという荒業をする人がいます。
投薬後に「朝の薬飲んでないから、ここで飲んでく」とおもむろに薬を取り出し、そのまま口に入れてゴクリと。

唖然としてしまいますが、すぐに水を持ってきて「危険なので、水で飲んでください」とその場で注意する。

「水無しで薬飲める俺、ワイルドだろ~」とでも思うのだろうか。

なぜ危険なのかというと、薬が食道にひっかかり、食道潰瘍といって食道に穴が開くこともあるからだ。特にメキシチール、ビスホスホネート系、ダラシン、ビブラマイシンなどの副作用で注意が必要。

また、十分量の水、約200mLの水分を摂取することによって、薬を吸収部位である腸にスムーズに運ぶことができるので、効果の面からも飲水が必要なのである。

かく言う私も、必要最小限の水を口に含んで薬を飲みがちである。

食道潰瘍

食道は、胃と違って酸や刺激に対する防御機構が弱い。

従って、食道に錠剤やカプセルが停滞して内容薬物が溶け出した場合、その薬物の性状(酸性・アルカリ性、浸透圧が高い、溶解するときに発熱するなど)によって、食道の細胞が直接傷害を受けることがある。

例えば、ビスホスホネート製剤は強い酸性で、水なしや少量の水で服用すると食道粘膜が傷害される。

消化性潰瘍の既往がある人では多く起こる。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と併用するとリスクはさらに高まる。

食道粘膜が傷つくと食道の部分(胸骨の下あたり)が痛む。物を飲み込むときに痛んだり、飲み込みにくいことがある。

テトラサイクリン系抗菌薬、カリウム薬や鉄剤でも起こることが知られている。

就寝前服用で薬が処方されている高齢者では、夜間のトイレを気にして、服用するときに水の量が少ないことがあり、注意が必要である。

添付文書に「食道潰瘍」の副作用の記載のある医薬品
・アクトネル
・ザーコリ
・ビブラマイシン
・ビラミューン
・フォサマック
・ベネット
・ボナロン
・ボンビバ
・メキシチール
・レイアタッツ

IMG_0670
薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう。

最新の記事


人気の記事

タグ


検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ