更新日:2017年1月12日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ニューキノロンのキレート形成しやすさには強弱がある?


スポンサードリンク

ニューキノロンと金属カチオン

ニューキノロンやテトラサイクリンと金属カチオンとの相互作用は有名です。
アルミニウムやマグネシウム、鉄、カルシウムなどと併用するとき、いっしょに飲まないようにとか2時間くらいあけてと説明します。
バファリンにもアルミニウムが含まれるので注意が必要です。
でも、ある程度抗菌力が弱まっても全く効かないというわけでは無いんじゃないの?
2時間空けて飲んで、なんて説明して飲み忘れるよりも併用しちゃったほうが良いんじゃないの?
と、考えることがあります。
まず金属のほうからみると、Al>Cu>Zn>Mg>Fe>Caの順にキレート形成能が強いらしいです。
ニューキノロンの影響では、バクシダール、シプロキサン、スオード、オゼックス>フルマーク、ガチフロ、クラビット、スパラ>ロメバクト、バレオン>メガロシン。
たとえば、バクシダールとアルミニウムの併用ではAUCは97%低下します。バクシダールと牛乳でも40%低下します。
クラビットとアルミニウムの併用なら44%の低下。クラビットと牛乳ならほとんど影響はありません。
服用時点からみると、ニューキノロンのTmaxが1~2時間であることと、Al・Mgは胃腸からほとんど吸収されず、結腸に到達するまでに4時間程度かかることを考え、ニューキノロン(2時間後)→金属か、金属(3~6時間後)→ニューキノロンの服用が影響が少なそうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン