2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

パーキンソン病患者は便秘が多い?

スポンサーリンク


パーキンソン病と便秘

パーキンソン病の患者には下剤がよく処方されている。

その一つの要因に、抗コリン薬などのパーキンソン病薬の副作用があります。
しかしアーテンなどの抗コリン薬が処方されていなくても、便秘になる患者は多い。
パーキンソン病でドパミンが減ってアセチルコリンが増えるのなら、腸の蠕動運動が活発になりそうですが、脳と腸は違う。

以下の要因が考えられる。
・食事の量が少なくなる
・身体を動かさなくなる
・肛門括約筋の緊張が亢進する
・腸管の自律神経が傷害され食物の通過に時間がかかるようになる。

パーキンソン病の原因は腸内細菌?

パーキンソン病による運動機能の症状以前に「便秘」が発現しているケースも多いようだ。
運動症状よりも数年も早く便秘などの胃腸症状が出ていることもある。

便秘でパーキンソン病を予測する? – MEDLEYニュース

パーキンソン病の人の糞便では「プレボテラ属」と呼ばれる細菌の量が、パーキンソン病ではない人と比べると、約8割少ないという話も。

パーキンソン病ではまず便秘になる、その謎の背景に腸内細菌の変化 Medエッジ

腸内細菌が神経に及ぼす影響というのも、時々話題になります。
便秘を予防すれば、パーキンソン病の予防につながるというわけでは無さそうですが。

スポンサーリンク

ジゴキシンに関する下記の記述で正しいものはどれか。2つ選べ。

IMG_0670
薬剤師

a. ジゴキシンは腎排泄率が高いことから、腎機能が低下すると血中濃度が上昇する。
b. ジゴキシンの血中濃度モニタリングを行う際には服用直前(トラフ)の採血を行うが、トラフでの採血が困難な場合は、服薬後1時間以内での採血が望ましい。
c. 末期腎障害患者・透析患者においても正常な腎機能患者と同様に、投与量変更後1週間目の血中濃度モニタリングで適切な投与量設定を行うことが出来る。
d. ジゴキシンの主な排泄経路は腎臓であるため、血液透析で容易に除去出来る。
e. DIGトライアルのサブスタディーでは、LVEF 45%以下の洞調律の心不全患者の至適血中濃度として、0.5-0.8ng/mLが提案されている。

コメント

  1. シェアさせていただきます。

    結:2018/7/3

  2. パーキンソン病薬をやめたら下剤は不要になった。

    松岡:2018/6/26

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索