更新日:2017年1月31日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

薬の副作用で乾癬になる?


スポンサードリンク

乾癬型薬疹

薬が原因で引き起こされる乾癬というのもあるようです。

乾癬はその特有の皮膚症状として、鱗屑を伴う紅斑が主体とされ、痒みを伴うことが多い。
特定の薬剤を服用することによって、乾癬と似た皮疹が誘発されたり、乾癬が増悪する場合があり、それらを「乾癬型薬疹」と呼ぶ。

乾癬型薬疹の原因となる薬剤は幾つか考えられるが、中でも降圧薬による発症例が最も多いとされ、特にカルシウム拮抗薬とβ遮断薬が原因としてよく知られる。
降圧薬では他に、ACE阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)でも発症例が報告されている。

降圧薬以外には、レミケードやインターフェロンなどの生物学的製剤、炭酸リチウム(リーマス)、テトラサイクリン系やペニシリン系の抗菌薬、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)、抗結核薬のイソニアジド、糖尿病治療薬のメトホルミン塩酸塩などが知られているが、他の薬疹ほどは発症しにくい。

薬剤性乾癬

乾癬は薬疹として発生することもあり、特に高齢者が多いといわれている。
Ca拮抗薬やβブロッカー、ACE阻害薬などの降圧薬、NSAIDsやリチウムなどが知られている。
このような薬剤を服用した後に乾癬が発現したり、症状が悪化・難治化する場合には、薬剤性の可能性も考慮する必要がある。

発症機序

発症機序に関してはよく分かっていない部分が多い。
カルシウム拮抗薬による機序としては、表皮基底細胞内のカルシウム濃度が低下することで、環状アデノシン一リン酸(サイクリックAMP:cAMP)が減少し、cAMPによって抑制されていた角化細胞の増殖・分化が促進され、乾癬の誘発や悪化に至ると考えられている。
β遮断薬では、角化細胞のβ受容体が遮断されることで表皮内エピネフリン感受性アデニル酸シクラーゼの活性が低下し、cAMPが減少することにより角化細胞の増殖・分化が促進されると考えられている。

こうした薬理作用のほか、乾癬の病因と考えられるT細胞の活性化が、薬剤アレルギーの形で誘発されている可能性もある。

乾癬の原因

乾癬の原因はまだはっきりわかっていないが、乾癬患者の病変部では表皮の異常だけでなく、何らかの要因(遺伝的要因や外部から加わった要因(ストレス、感染症、肥満、薬物など))により、免疫異常が生じ炎症が起きることがわかってきている。
特に食生活の欧米化によって脂肪の多い食事の影響か、戦後、患者数は増えている。
遺伝に関しては、日本の家族内発生頻度は5%程度といわれている。

参考書籍:調剤と情報2015.11、日経DI2015.9

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン