更新日:2016年8月26日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ニコチンとニコチン酸は違う?


スポンサードリンク

ニコチンとニコチン酸

健康食品の成分にニコチン酸というのが入っていることがあります。

このニコチン酸、タバコに入っているニコチンと同じような名前ですが、全く違います。

ニコチンは神経伝達物質ですが、ニコチン酸はビタミンです。

ニコチン酸の発見は1867年にHuberによってタバコに含まれる有害物質のニコチンを硝酸の酸化によりニコチン酸を精製したことに始まります。

ニコチンを酸化して得られた酸なのでニコチン酸と命名されました。

紛らわしいのでニコチン酸のことをナイアシンとか、ビタミンB3とか呼ぶこともあります。

ユベラNはニコチン酸トコフェロール。

ニコチン酸とビタミンEがくっついてます。

ニコチン酸には、コレステロールや中性脂肪を低下させたり、血行をよくする作用があります。

ニコチン酸製剤

遊離脂肪酸動員を抑制し、肝でのVLDL合成を抑制し、リポ蛋白リパーゼ活性を高めてVLDL-TGの加水分解を促進してTGを低下させ、コレステロールも排泄を促進し低下させる。

アポ蛋白A-Iの合成を促進し、HDL-Cを増加させる。

コレステロールやTGとは独立した動脈硬化危険因子であるLp(a)低下作用がある。

ニコモール(コレキサミン)、ニセリトロール(ペリシット)、トコフェロールニコチン酸エステル(ユベラN)がある。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク