更新日:2016年12月24日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

妊婦にSSRIは危険?


スポンサーリンク

肺高血圧症のリスク増

【1月16日 AFP】妊娠20週目以降に抗うつ薬「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」を服用した場合、生まれた赤ちゃんの肺高血圧症の発症リスクが2倍以上高まるとの研究結果が、13日の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」に発表された。
 スウェーデン・ストックホルム(Stockholm)のカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)の薬剤疫学研究チームは、1996年~2007年にデンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンで生まれた単胎児160万人について調査した。
 乳児の肺高血圧症の致死率は15%。発症率は通常、1000人に1.2人だが、妊娠20週以降にSSRIを服用した妊婦1万1000人から生まれた赤ちゃんでは1000人に約3人と、リスクが2倍以上に跳ね上がった。妊娠8週目以前に摂取した場合では、通常をわずかに上回る程度だった。
 研究チームは、妊娠週数が進んだ妊婦へのSSRI処方は注意が必要と結論付け、妊婦には抗うつ薬を用いない治療を行うよう医師らに勧めている。

SSRIの種類に限らず、ということでしょうか。

妊娠がわかった時点で早期に服薬中止したほうがよいのかな。

といっても、代替薬は何を使えばよいのやら。

妊婦は薬使うな、ってことか。

新生児遷延性肺高血圧症

妊娠中に女性がSSRIを服用すると、生まれた子どもが新生児遷延性肺高血圧症(PPHN)を発症するリスクが6.1倍と高くなるとのこと。

PPHNは、胎児期の胎盤呼吸から肺呼吸への切り替えが正常に起こらないために、肺血管の血圧が下がらず、肺への血流が滞り、顕著な低酸素症が生じる病気です。
通常は1000人に1~2人の発症率です。

妊娠したからといって急には止められない薬ですが。

SSRIと妊娠

SSRIの妊娠初期の使用は、奇形全体の発生率を有意に増加させることはないと報告されていますが、パキシルに関しては、心奇形の発生率を1.5~2.2倍に増加させるとの報告があります。

また、SSRIを妊娠後期に使用すると新生児遷延性肺高血圧症の発症率の増加や離脱症状、新生児適応障害の報告があり、出生後新生児を注意深く観察する必要があります。

ただし、妊娠中のうつ病は母子双方に不利となり、産褥うつ病の要因ともなりますので、リスク・ベネフィットを考慮し、薬剤の服用を検討する必要があります。

添付文書には以下のように記載されており、各薬剤で違いがみられます。

ルボックス

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい。また、投与中に妊娠が判明した場合は投与を中止することが望ましい。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。
(1)
妊娠末期に本剤を投与された妊婦から出生した新生児において、呼吸困難、振戦、筋緊張異常、痙攣、易刺激性、傾眠傾向、意識障害、嘔吐、哺乳困難、持続的な泣き等の症状が発現したとの報告がある。なお、これらの症状は、薬物離脱症状として報告される場合もある。
(2)
海外の疫学調査において、妊娠中に他のSSRIを投与された妊婦から出生した新生児において、新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある。このうち1つの調査では、妊娠34週以降に生まれた新生児における新生児遷延性肺高血圧症発生のリスク比は、妊娠早期の投与では2.4(95%信頼区間1.2-4.3)、妊娠早期及び後期の投与では3.6(95%信頼区間1.2-8.3)であった。]

パキシル

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ本剤の投与を開始すること。また、本剤投与中に妊娠が判明した場合には、投与継続が治療上妥当と判断される場合以外は、投与を中止するか、代替治療を実施すること。
[1)海外の疫学調査において、妊娠第1三半期に本剤を投与された婦人が出産した新生児では先天異常、特に心血管系異常(心室又は心房中隔欠損等)のリスクが増加した。このうち1つの調査では、一般集団における新生児の心血管系異常の発生率は約1%であるのに対し、パロキセチン曝露時の発生率は約2%と報告されている。
2)妊娠末期に本剤を投与された婦人が出産した新生児において、呼吸抑制、無呼吸、チアノーゼ、多呼吸、てんかん様発作、振戦、筋緊張低下又は亢進、反射亢進、ぴくつき、易刺激性、持続的な泣き、嗜眠、傾眠、発熱、低体温、哺乳障害、嘔吐、低血糖等の症状があらわれたとの報告があり、これらの多くは出産直後又は出産後24時間までに発現していた。なお、これらの症状は、新生児仮死あるいは薬物離脱症状として報告された場合もある。
3)海外の疫学調査において、妊娠中に本剤を含む選択的セロトニン再取り込み阻害剤を投与された婦人が出産した新生児において新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある1),2)。このうち1つの調査では、妊娠34週以降に生まれた新生児における新生児遷延性肺高血圧症発生のリスク比は、妊娠早期の投与では2.4(95%信頼区間1.2-4.3)、妊娠早期及び後期の投与では3.6(95%信頼区間1.2-8.3)であった2)。]

ジェイゾロフト

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。
(1)
妊娠末期に本剤あるいは他のSSRI、SNRIが投与された婦人が出産した新生児において、入院期間の延長、呼吸補助、経管栄養を必要とする、離脱症状と同様の症状が出産直後にあらわれたとの報告がある。臨床所見としては、呼吸窮迫、チアノーゼ、無呼吸、発作、体温調節障害、哺乳障害、嘔吐、低血糖症、筋緊張低下、筋緊張亢進、反射亢進、振戦、ぴくつき、易刺激性、持続性の泣きが報告されている。
(2)
*海外の疫学調査において、妊娠中に本剤を含むSSRIを投与された婦人が出産した新生児において、新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある7,8)。このうち1つの調査では、妊娠34週以降に生まれた新生児における新生児遷延性肺高血圧症発生のリスク比は、妊娠早期の投与では2.4(95%信頼区間1.2-4.3)、妊娠早期及び後期の投与では3.6(95%信頼区間1.2-8.3)であった8)。]

妊娠初期のSSRI使用に関する最近の報告によると、フルボキサミン(ルボックス)については、催奇形性は認められていませんが、疫学研究が行われていないため安全であるとの結論が出ていません。

パロキセチン(パキシル)については、奇形全体の発生率が有意に増加することはないと考えられていますが、心奇形については増加する可能性があります。

セルトラリン(ジェイゾロフト)については、欧米においてかなりの症例で用いられており、これまでの報告からは奇形発生率の増加はないと考えられています。

どのSSRIがいいか

妊娠中に薬剤を継続服用するのは不安なことである。

日本の添付文書ではフルボキサミンは他のSSRIよりも危険度が増した表現になっているが、海外のリスク情報ではパロキセチン塩酸塩水和物(パキシル)は他のSSRIよりもリスクが高いと報告している。

妊娠中にどのSSRIを処方するのかは専門家を通じて適切に対処したい。

参考書籍:調剤と情報2012.1

妊娠末期のパキシル

妊娠末期にパキシルを投与された方が出産した子供において離脱症状があらわれたり、場合によっては、新生児仮死状態となることもこれまでに報告されています。

妊婦がパロキセチンを服用している場合、パロキセチンは胎盤を通過することから、胎児へ移行することが知られています。

したがって、妊婦が出産した場合、新生児は、突然、パキシルを中止したときと同じ現象となります。

そのため、出産後に離脱症状となってあらわれる可能性があります。

妊婦と抗精神病薬

フェノチアジン系抗精神病薬では動物実験で種々の奇形が報告されていますが、ヒトでは多数例の検討でクロルプロマジン、チオリダジンのいずれも安全であったと報告されており、フェノチアジン系抗精神病薬の催奇形性を否定する見解も出されていますが、フェノチアジン系抗精神病薬についてのprospective studyにおいては見解がわかれています。

また、ブチロフェノン系抗精神病薬に関してもさまざまな見解が示されており、フルフェナジンデカノエイト使用例に多発奇形がみられたとの報告もありますが、一定の結論は得られていません。

これらのことから、抗精神病薬は通常の投与量では催奇形性に対する安全性は高いと考えられており、妊娠第1三半期における多剤投与や大量投与、注射薬の使用で危険性が高くなると考えられます。

参考書籍:向精神薬の新世紀

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ