2015年10月22日更新.記事数:3,207件.4,879,175文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

モルヒネは増やせば増やすほど効く?

スポンサーリンク


天井知らず

モルヒネには天井効果が無い、といわれています。

天井効果とは、投与量を増やしても鎮痛効果はある一定以上増えることはなく、副作用のみが増えることです。

天井効果=有効限界ともいいます。

増やせば増やすほど効くのですね。

天井効果

薬の効果は基本的には用量を増やせば、効果は高まると思われがちです。

しかし、薬には天井効果というものがあり、用量を増やしていっても、ある用量(天井)に達すると効果の増加は見られなくなり、副作用のみが増強していきます。

この天井効果の見られない薬があります。

それはモルヒネ。

量の増加によりいくらでも鎮痛効果を強めることができます。

モルヒネは天井知らずと呼ばれます。

モルヒネ製剤

塩酸モルヒネ徐放剤

MSコンチン、モルペス細粒の投与間隔は12時間なので1日2回、カディアンは24時間なので1日1回の内服ですむのが特徴です。

モルペス細粒は嚥下障害のある患者さんでも飲むことができ、また経管栄養チューブからの投与も可能です。

これらの徐放製剤には即効性はないので、オプソや塩酸モルヒネ末など即効性のある薬剤を頓用(レスキュー)で併用することが不可欠となります。

もし処方されていなければ医師に処方を求めなければなりません。

塩酸モルヒネ

これらの薬剤の特徴はその即効性です。

したがってモルヒネやオキシコドン徐放剤やフェンタニルパッチのレスキューとして用いられており、内服30分後にはその効果が最大になります。

逆に維持薬として用いる場合の投与間隔は4時間です。

オプソは塩酸モルヒネ内服液で、5mgあるいは10mgの分包になっているため管理がしやすく、レスキューにはよく用いられています。

塩酸モルヒネ坐剤

即効性のモルヒネ坐剤であると同時に、8時間ごとの定期投与も可能です。

経口摂取が困難な患者さんに用いることが多い薬です。

モルヒネ、オキシコドン製剤の副作用の主なものには、吐き気と便秘があります。

吐き気は服薬当初に起きることが多いため、ノバミンなどの制吐剤を併用します。

他の副作用には、眠気、呼吸抑制があります。

またオピオイドが効果のない疼痛もあり、その際には他の薬剤に切り替える必要があります。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク