2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

舌下錠使用後、水を飲んじゃダメ?

スポンサーリンク


舌下錠

種類はあまり多くないが、舌下投与の薬がある。

代表的なものはニトログリセリン製剤です。
ニトロペン舌下錠

ほかに舌下投与の薬は、
アシテアダニ舌下錠
アブストラル舌下錠
シクレスト舌下錠
シダキュアスギ花粉舌下錠
シダトレンスギ花粉舌下液
ヘモリンガル舌下錠
ミティキュアダニ舌下錠
がある。

通常、薬は水で飲むが、舌下錠はしばらく舌の下に置いておく。
数分間保持して、溶けきったら唾液を飲み込む。
口の中に薬が無くなったら、もういいだろう、と水を飲みたくなりますが、ちょっと待って。

薬によっては、まだ水を飲んではいけない。

シクレスト舌下錠の使用上の注意には、

本剤の舌下投与後10分間は飲食を避けること[バイオアベイラビリティが低下する可能性がある]。

とあります。

シクレストの舌下投与2分後に飲水すると、30分後に飲水した場合と比べて、最高血中濃度(Cmax)は21%、血中濃度時間曲線下面積(AUC)は19%低く、5分後の飲水ではそれぞれ12%、10%低かった。
しかし、10分後であれば30分後との差は認められなかった。
したがって、シクレストの舌下投与後10分間は飲食や歯磨き、うがいなどを避けるよう指導されている。
併用薬がある場合は、最後にシクレストを舌下投与する。
また、シクレストにはリドカイン様の局所麻酔作用があり、舌がしびれるような感じ(口の感覚麻痺)を訴えることがある。通常1時間以内に消失する。

その他の舌下錠で、飲食までの時間が明記されているものは、
アシテアダニ舌下錠:舌下投与後は完全に溶解するまで保持した後,飲み込む。その後5分間は,うがいや飲食を控える。
シダキュアスギ花粉舌下錠:舌下にて1分間保持した後、飲み込む。その後5分間は、うがいや飲食を控える。
シダトレンスギ花粉舌下液:舌下に滴下し、2分間保持した後、飲み込む。 その後5分間は、うがい・飲食を控える。
ヘモリンガル舌下錠
ミティキュアダニ舌下錠:舌下にて1分間保持した後、飲み込む。その後5分間は、うがいや飲食を控える。
とある。

ニトログリセリンは、数分間で効果発現するので、胸痛がおさまれば水分補給は可能だろう。

スポンサーリンク

服薬指導のツボ②

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導で心が折れる

なんでもかんでもお金がかかると思って、
「薬の説明の紙いらない」「お薬手帳いらない」「服薬指導いらない」「薬袋いらない」
とか言ってくる患者さんいますよね。
それならもっと突っ込んで「薬いらない」と言ってほしい。
先生

↑こういう患者いるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索