更新日:2016年11月8日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

経腸栄養剤を作り置きしちゃダメ?


スポンサーリンク

栄養剤の作り置き

ときどき、「ヘパンとかアミノレバンみたいな栄養剤を作り置きしても良いですか?」という質問を受けることがある。
うちの赤ちゃんの粉ミルクもその都度作るのは面倒なので、作り置きしたい気持ちはわかります。

冷蔵庫に入れておけば1日くらいは問題無いんじゃないか?と、普通の飲食物のような感覚で答えたりしますが、添付文書には以下のように書かれている。

アミノレバンEN配合散
「用時調製するが、調製後10時間以内に使用すること。また、調製後やむなく保存する場合は冷所保存が望ましい。」

ヘパンED配合内用剤
「本剤は用時、常温の水又は微温湯に溶解して調製するが、原則として溶解後6時間以内に使用すること。やむを得ず6時間を超えて保存する場合は冷蔵庫(7℃以下)に保管し、その場合も24時間以内に使用すること。」

エレンタール配合内用剤
「本剤は用時、常水又は微温湯に溶解して調製するが、調製後12時間以内に使用すること。」

リーバクト配合顆粒
記載なし

それぞれのメーカーが保証する期間は違うのでしょうけど、冷所で10時間程度は問題なさそう。
朝作り置きして、日中に飲んでもらう分には、問題ない。

アミノレバンの作り置き

容器に水または温湯(約50℃)約180mL(80~230mLの範囲で好みに合わせて調節)入れ、1包を加えて溶解し、溶解後10時間以内に飲み終わるようにしてください。
調整後は冷蔵して保存してください。
フレーバーや繊維分を含む野菜などを混ぜてもかまいませんが、果物の生ジュースは混ぜないでください。

ヘパンの作り置き

容器に常温の水または微温湯約250mL入れ、1包を加えて溶解し、溶解後6時間以内に飲み終わるようにしてください。
冷蔵して保存する場合は7℃以下にし、24時間以内に使用してください。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ