更新日:2016年12月21日.全記事数:3,095件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ドグマチールカプセルと錠の違いは?


スポンサードリンク

錠剤とカプセル

たまに同じ成分で錠剤とカプセルという2種類の剤形を持つ薬をみかける。

ドグマチールカプセル50mgとドグマチール錠50mg(100mg、200mgは錠剤のみ。)
トランサミンカプセル250mgとトランサミン錠250mg(500mgは錠剤のみ。)
サワシリンカプセル250mgとサワシリン錠250mg(125mgはカプセルのみ。)
カルナクリンカプセル25単位とカルナクリン錠25単位(50単位は錠剤のみ。)
ポンタールカプセル250mgとポンタール錠250mg 

キプレス錠5mgとキプレスチュアブル錠5mgのように、バイオアベイラビリティに違いがあるわけではない。
錠剤もカプセルも体に入れば同じ。
薬価も同じ。

なぜ両方とも生かしているのか不思議に思う。
どちらの剤形も売れているのだろうけど。
ドグマチールみたいな精神疾患に使われる薬であれば、剤形変更に伴う患者の不安もあるので、両剤形生かしておく意義はあるのかも知れないとも思うが。

正直カプセルは販売中止にしてほしいと思う。
トランサミン、ドグマチール、サワシリンなどは両剤形在庫してある状態。
サワシリンやトランサミンなんて連用する薬ではないので、確実にデッドストック状態。

どうしても手配に時間がかかる時は疑義照会して変更可能か問い合わせますが。
薬剤師の判断で変更しても全く問題のない事案だと思う。ノルバスクからアムロジンという併売品の変更以上に。

とりあえずいずれにしてもジェネリックであればカプセルから錠剤といった剤形変更が可能なので、ジェネリックを用意しておいてダメージを最小限に抑えられたら良い。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)
今日の勉強

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク