更新日:2016年9月12日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ネオステリングリーンとイソジンガーグルの違いは?


スポンサードリンク

ネオステリングリーン

歯科でネオステリングリーンといううがい薬をもらっているという患者さんがたまにいる。
成分はベンゼトニウム塩化物。

イソジンガーグルじゃダメなのかな。
アズノールうがい液じゃダメなのかな。

以前読んだ論文データでは ネオステリングリーン(歯科医院で処方できます)、イソジン、コンクール、アズノールうがい薬という洗口剤で虫歯の病原菌と歯周病原菌を使用して浮遊している遊離細菌とバイオフィルムの細菌増殖抑制効果をそれぞれ検証していました。

結果をいうと浮遊菌に対しての効果はどの洗口剤も効果を示したのですがネオステリングリーンがすべての菌種に対して一番効果があり、すべての菌種の菌残存率が高く抑制効果がみられなかった洗口剤は抗菌作用をもつ成分のないアズノールうがい薬だったようです。洗口剤。うがい薬。|桜通り歯科クリニックの院長日記。

塩化ベンゼトニウムって、市販のデンタルリンス、洗口液にも含有されているので、医薬部外品レベル。
イソジンうがい薬は医薬品だから、とか比較するとイメージ的には弱いような気もしますがね。抗菌効果高いんですね。

ネオステリングリーンの製造販売元は日本歯科薬品。
うがい薬単体での処方が保険から外されるという話もありましたが、歯科医は反対するだろうなあ。

院外処方は見ませんが。
やってるところもあるのかな。

ネオステリングリーンうがい液はうがい薬ではない?

平成26年度診療報酬改定の疑義解釈資料その1で、

(問74)ベンゼトニウム塩化物等のように、薬効分類上で「含嗽剤」ではなく「その他の歯科用口腔用薬」に分類される薬剤は対象とならないという理解して良いか。
(答) そのとおり。

とある。

イソジンガーグルやアズノールうがい液は、薬効分類番号226含嗽剤。
ネオステリングリーンうがい液は薬効分類番号279その他の歯科口腔用剤になる。

今まで歯科の処方で、ネオステリングリーンうがい液というのをたまに見かけましたが、今後イソジンやアズノールに代わって処方頻度が増えるということになったりはしないかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン