更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ビデュリオンとバイエッタの違いは?


スポンサーリンク

ビデュリオンとバイエッタ

ビデュリオンは、週1回の投与である点が最大の特長。
生分解性のポリマーであるポリ乳酸・グリコール酸共重合体(PLG)の微粒子にエキセナチド分子を含有させることで徐放化した。
PLGの微粒子が体内で徐々に分解されることにより、作用時間が持続する。
単回投与時はエキセナチド濃度が10週間持続する。

有害事象は他のGLP1製剤と同様に悪心やII腫吐があるほか、硬結が生じやすいことが報告されている。

最大の欠点は、自分で薬剤を調整する手間がある上、注射器の針が太い(23ゲージ、約0.65mm)こと。
週1回投与の利便性がこれらの欠点を上回り患者に受け入れられるかが注目される。

 アストラゼネカとブリストル・マイヤーズは、5月に発売した2型糖尿病治療薬「ビデュリオン」(一般名:エキセナチド)の記者説明会を都内で開いた。「ビデュリオン」は、GLP-1受容体作動薬であるエキセナチドの週1回投与製剤だ。GLP-1は食事摂取に伴い消化管から分泌され、膵臓からのインスリン分泌を促進するホルモン「インクレチン」のひとつ。エキセナチドはこのGLP-1と同様の作用を有し、血糖値が高い状態の時、インスリン分泌を促し血糖値を改善する。バイエッタは1日2回の投与が必要だが、ビデュリオンではエキセナチドを持続的に放出する仕組みを開発し、1週間に1度の投与が可能となった。専用の懸濁用液で用時懸濁して使用する。

 両社はビデュリオンの特徴として、▽世界初の週1回投与の唯一の2型糖尿病治療薬、▽安定かつ持続的な優れた血糖コントロールが期待できる、▽空腹時および食後血糖値の上昇を抑制する、▽併用可能な経口血糖降下薬が多いことを挙げている。ビデュリオンはグリニド系とα-グルコシダーゼ阻害薬以外の経口血糖降下薬との併用ができる。
 国内と日本を含むアジア地域で実施した2種類の第3相臨床試験では、日本人2型糖尿病患者に対するビデュリオン2mgの週1回皮下投与の有効性と安全性が確認された。1日2回注射のバイエッタと週1回注射のビデュリオンの比較試験では、ベースラインから26週までのHbA1cの変化量は、バイエッタ群-1.12%に対して、ビデュリオン群-1.43%と低下作用が強いことが示された。空腹時血糖の変化量は、バイエッタ群-23.90mg/dLに対して、ビデュリオン群-40.57mg/dLだった。HbA1c値7%未満を達成した患者割合は、バイエッタ群35.7%に対して、ビデュリオン群46.7%だった。血糖値日内変動の抑制については、ビデュリオンはすべての測定時点で有意な血糖値の低下を示したが、食後の血糖値の上昇は1日2回注射するバイエッタの方が、朝食ごと夕食後の血糖値の上昇を抑えた。

 ビデュリオンとインスリングラルギンと比較した国内第3相試験では、ベースラインから26週後の体重の変化量はビデュリオン群で-1.67kgと減少したのに対し、インスリングラルギン群で0.34kg増加した。

 また、「糖尿病治療満足度質問表(DTSQs)」を用いた患者の治療への満足度を調べた調査では、「最近の治療法はどの程度融通性があると感じていますか?」と「現在の治療法を続けていくことにどの程度満足していますか?」という2項目の質問で、ビデュリオンは良好なポイントを獲得した。

 説明会で講演した日本糖尿病学会理事長で東京大学糖尿病・代謝内科の門脇孝教授は、「現在の糖尿病治療では、とにかくHbA1cを下げれば良いというのではなく、”低血糖を起こさない治療”、”食後高血糖を是正する治療”、”体重増加を起こさない治療”を重視するようになった。ビデュリオンはこの3つの条件に合致している。1回の注射で効果が1週間持続する点も革新的だ。治験で体重減少効果も示されており、ビグアナイド薬との併用も可能なビデュリオンは現在の糖尿病の治療戦略に適っている」と述べた。GLP-1受容体作動薬「ビデュリオン」 世界初の週1回投与のインクレチン関連薬 | 糖尿病リソースガイド

製剤の技術はどこまで進むのだろう。

1日2回使っていた薬が、1週間に1回でよくなるって仕組みがいまだに不思議。

1日1回とか2日に1回とか、徐々に回数が減るならまだわかるけど。

シリンジを使う手技に慣れてない患者さんは、まだ、ペン型のバイエッタのほうが使いやすそうですが、ペン型の開発も行われているようなので、そのうちビデュリオンが主流になるのかな。

スポンサーリンク

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    ペン型のインスリン注入器の注射後の待ち時間についてはメーカーによっても違いがありますが、しばらく待ってから抜きます。
    ボタンを押して注入完了するまでのタイムラグがあるからです。
    バイアルタイプの場合は、自分で押し込んで注入しており、注入完了は自分でわかりますので、そのまま針を抜いて差し支えありません。

    yakuzaic:2015/7/12

  2. お尋ねします。
    新型のペン型ビデュリオンは注射後10秒そのままでそれから針を抜く。と説明書にあります。
    バイヤルタイプのビデュリオン注射は注射後すぐ針を抜いてもよいでしょうか。説明書に書いてないのでそのままで注射後すぐ針を抜いています。

    インスリン注射だと10秒してから抜く。と聞きますのでどうかな?と思い、お尋ねします。

    匿名:2015/7/5

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク