2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

トニックウォーターでマラリア予防?

スポンサーリンク


トニックウォーターとキニーネ

最近サイゼリヤによく行きますが、ドリンクバーでお気に入りなのがトニックウォーター。

どういうものだかよくわからずに飲んでいましたが。。。
グーグルで検索してみると「トニックウォーター キニーネ」と検索ワードに出てきたのでキニなる。

熱帯地方の英国植民地でマラリア防止のために飲まれるようになったのが始まり。この当時のレシピにはキニーネが含まれ、独特の苦みがでるため人気があった。
かつて、医療用に用いられていたトニックウォーターには多量のキニーネが使用されていたが、現在では微量のキニーネと香料を使用した製品が大半である。 アメリカでは食品医薬品局(FDA)により、キニーネの使用量は83ppm以下とし、かつ製品にはキニーネの含有を明示するよう規制されている。 日本ではキニーネは食品添加物として認められていて使用量にも規制はない。しかし、コスト上の理由により、日本で流通しているトニックウォーターには一部の輸入品を除き、キニーネは使用されておらず、香料を代用している。トニックウォーター – Wikipedia

かつてはキニーネが入っていたのですね。

海外製のものは今でもキニーネが入っているかも知れません。カナダドライはどうだろう。

抗マラリア薬の比較

恐らく今後も関わることは無いだろうと思いますが、抗マラリア薬について。

でも、今後地球温暖化でハマダラ蚊(マラリア原虫の媒介蚊)の生息域が広がれば、日本でも患者が出る可能性はある。

マラリアの薬といえば、塩酸キニーネですが、最近になって複数の新薬が出ているので比べてみる。

医薬品一般名適応
塩酸キニーネ「ホエイ」キニーネ塩酸塩水和物マラリア
メファキン「ヒサミツ」錠275メフロキン塩酸塩マラリア
プリマキン錠15mg「サノフィ」プリマキンリン酸塩三日熱マラリア及び卵形マラリア
マラロン小児用配合錠/ マラロン配合錠アトバコン、プログアニル塩酸塩マラリア
リアメット配合錠アルテメテル/ルメファントリンマラリア

クロロキン(商品名:プラケニル)も抗マラリア薬として有名ですが、クロロキン薬害訴訟の影響により日本ではエリテマトーデスの適応しかなく、マラリアには使えません。

適応症をみると、プリマキンだけ「三日熱マラリア及び卵形マラリア」となっており、範囲が狭いです。
マラリアの種類には、三日熱マラリア、卵形マラリア、熱帯熱マラリア、四日熱マラリアがあります。

リアメット、マラロンの使用上の注意には、

本剤はヒプノゾイト(マラリア原虫の休眠体)には効果がないため、マラリア原虫の休眠体が形成される三日熱マラリア及び卵形マラリアの治療に用いる場合は、再発に注意し、マラリア原虫の休眠体に対する活性を示す薬剤による治療を考慮すること。

とあり、三日熱マラリア・卵形マラリアにはプリマキンを使った方が良い。

各薬剤の薬価は、
リアメット配合錠:242.3円
マラロン配合錠:498.1円
マラロン小児用配合錠:161.5円
プリマキン錠15mg「サノフィ」:2211.8円
と、プリマキンの薬価が突出して高い。

マラロンの用法用量には、マラリア予防の用量も記載されており、予防に用いることも保険請求上可能。

抗マラリア薬の歴史

抗マラリア薬といえば、キニーネ。
キニーネは第二次世界大戦頃までは唯一の抗マラリア薬として汎用されていました。

第二次世界大戦前後に、キニーネの構造を元にクロロキンやメフロキンなどのキノリン環を持つ抗マラリア薬が合成されました。
胃腸障害や視神経障害、血液障害、腎障害、心毒性といった副作用から、キニーネはあまり使われなくなりました。

しかし、熱帯熱マラリアにクロロキンやメフロキンに対して耐性を持つものが多くみられるようになったことから、ドキシサイクリンやクリンダマイシンとの併用で利用される場合もあります。

薬剤耐性マラリアが増えてきていることから、新しい選択肢が増えるのはよいことです。

スポンサーリンク

服薬指導のツボ⑩

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導で心が折れる

処方箋をみて、「これは時間がかかるな」とある程度経験を積んだ薬剤師であれば判断できます。
一包化だったり、錠剤の半割、軟膏の混合、粉砕とか来たら最悪。
しかし、患者にはどのくらいの時間がかかるのか予想するのは難しい。
すぐできると思っていて1時間近く待たされたら、怒り心頭の気持ちもわかります。
先生

↑こういう患者いるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索