更新日:2017年1月21日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

オートジェネリックとオーソライズドジェネリックの違いは?


スポンサーリンク

オートジェネリック

最近オーソライズドジェネリックという言葉を覚えたばかりですが。
また聞き慣れない専門用語が出てきました。

「オートジェネリック」

オーソライズドジェネリック(AG)」とは、公認を受けた後発医薬品のことですが、日医工ではAGのうち、添加剤・製法・製造所等が先発品と同じ後発医薬品を「オートジェネリック(AG(オート))」と称しています。AG戦略(持)論|MPI日記|Stu-GE

日医工だけが言っているのかな。

今のところオーソライズドジェネリックは、
アレグラ錠(サノフィ)⇒フェキソフェナジン塩酸塩錠「SANIK」(日医工サノフィ社)
ディオバン錠(ノバルティスファーマ)⇒バルサルタン錠「サンド」(サンド)
ブロプレス錠(武田薬品工業)⇒カンデサルタン錠「あすか」(あすか製薬)
クラビット錠(第一三共)⇒レボフロキサシン錠「DSEP」(第一三共エスファ)
プラビックス錠(サノフィ)⇒クロピドグレル錠「SANIK」(日医工サノフィ社)
の5製品。

日医工のフェキソフェンジンとクロピドグレルはオートジェネリックなのだそうだ。
製造ラインを、先発品と同一にすることで、自動的(オートマティック)に出来たジェネリックという意味らしい。
名称以外は完全に同一。
でも、クロピドグレルは適応が違うか。片手落ち。

しかし、オーソライズドだろうがオートだろうがジェネリックはジェネリック。
一般人にその違いはよくわからない。
ジェネリック使用のハードルが下がれば、普及につながっていくだろう。

ジェネリックってどういう意味?

新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに販売される医薬品のことを後発医薬品といいますが、後発というと古い薬のようなイメージなので、かっこよく「ジェネリック医薬品」といいます。

昔は「ゾロ」とか呼んでいた。
先発医薬品の特許権が消滅すると後発品がゾロゾロ出てくるので。

ジェネリックとは、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉です。

ジェネリックとはジェネリックネーム(一般名)から来ています。

欧米では基本的に一般名処方されます。

なので、先発品も後発品も全てジェネリックです。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ