2017年12月11日更新.記事数:3,209件.4,897,280文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ザイティガはプレドニンと併用しなきゃダメ?

スポンサーリンク


ザイティガはプレドニゾロンと併用する?

前立腺癌治療薬のザイティガ(アビラテロン酢酸エステル)という薬があります。

用法は、「プレドニゾロンとの併用において、通常、成人にはアビラテロン酢酸エステルとして1日1回1,000mgを空腹時に経口投与する。」となっている。

プレドニゾロンと併用しなければならない。
なぜか。

ザイティガは、アンドロゲンの合成に関与するチトクロームP450(CYP)17の活性を不可逆的に阻害し、アンドロゲンの合成を抑制する。
ザイティガ(アビラテロン)は、アンドロゲンだけでなくコルチゾールの合成も阻害するため、体内のコルチゾール量が減少する。

コルチゾールの不足を感知した副腎はステロイド合成系を活性化させるが、コルチゾール合成が阻害されているため鉱質コルチコイドが合成されてしまい、鉱質コルチコイド過剰による高血圧、低カリウム血症、浮腫などの副作用症状が出やすくなる。

それを防ぐために、ザイティガを投与する際は、コルチゾールを補給する目的で、コルチゾール様ホルモンのプレドニゾロンを併用する。
プレドニゾロンを併用する。
デカドロンではダメか。

保険請求上はNGである。メーカーによると、海外臨床試験においてデカドロン併用で起立性低血圧が出現した例があり使用は推奨できないとのこと。

低用量ステロイド療法

ザイティガの副作用予防目的でのステロイド併用とは別に、前立腺癌に対して「低用量ステロイド療法」が行われることがある。
デキサメタゾン(0.5~2.25 mg/日)、プレドニゾロン(10~20 mg/日)、ヒドロコルチゾン(40 mg/日) などが二次ホルモン療法として用いられる。
デキサメタゾンは、ヒドロコルチゾンやプレドニゾンに比べ、グルココルチコイド活性が高く、ミネラルコルチコイド活性が弱い。
これまでの報告では、PSA減少(50%以上)の効果が、ヒドロコルチゾンやプレドニゾロンに比べ、デキサメタゾンの方が高いが、RCTではないため明確ではない。またいずれのステロイド薬も生存期間を延長させる効果は明らかではない。

ザイティガは空腹時に飲む?

ザイティガは食事により吸収が変化することで知られる。
特に高脂肪食(約830kcal)摂取後に服用した場合、空腹時と比較して最高血中濃度が17倍、血中濃度時間曲線下面積が10倍になる。
このため食前1時間から食後2時間までの間は服用を避ける。

飲み忘れたときの基本的な対応としては、当日気付いた場合は、当日中に空腹時を選んで1回分を服用する。
翌日に気付いた場合は、通常のタイミングで1回分のみ服用するよう指導するのが適切とされている。
アビラテロンは投与後8~12時間でトラフ値近傍まで低下することから、国内の臨床試験では最低8時間の投与間隔を空けることが好ましいとされていた。
次回服用まで8時間を切らない程度なら服用しても差し支えないと考えられる。

参考資料:日経DI2015.7

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク