更新日:2017年1月29日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

虹彩色素沈着でキサラタン中止?


スポンサーリンク

虹彩色素沈着

キサラタンなどのプロスタグランジン系点眼薬の副作用に「虹彩色素沈着」というのがある。

重大な副作用の項目にある。

虹彩色素沈着があらわれることがあるので、患者を定期的に診察し、虹彩色素沈着があらわれた場合には臨床状態に応じて投与を中止すること。

投与を中止しなきゃいけないほど重大な副作用なのかなあ、と思ってみたり。

本剤の投与により、虹彩色素沈着(メラニンの増加)があらわれることがある。投与に際しては虹彩色素沈着及び色調変化について患者に十分説明しておくこと。この色素沈着は投与により徐々に増加し、投与中止により停止するが、投与中止後消失しないことが報告されている。また、虹彩色素沈着による色調変化があらわれる可能性があり、特に片眼治療の場合、左右眼で虹彩の色調に差が生じる可能性がある。褐色を基調とする虹彩の患者において、虹彩色素沈着が多く報告されているが、虹彩の変色が軽度であり、臨床所見によって発見されないことが多い。

結局、青い目の欧米人なら色素沈着が目立つでしょうけど、黒い目の日本人では、多少色素沈着しても気にならないし。

眼科医はわかるのかな。

検査するときに眼の中が見えにくくなるとか、不都合があれば、投与中止したほうが良いだろうけど。

調剤薬局日記/キサラタンによる色素沈着

虹彩の色素沈着は、日本人ではまれにしか起きないそうです。
また欧米に見られるような青い瞳の人では、虹彩の色素沈着は非常に目立ちますが、日本人のようにもともと茶色い虹彩であれば、たとえ色素沈着したとしても、それほど目立つことは無いと思います。
しかし、虹彩の色素沈着は非可逆的で、一度起きてしまうと点眼をやめても元には戻らないとのことなので、やはり注意は必要でしょう。

一方 眼瞼(まぶた)の色素沈着ですが、こちらは可逆的で、点眼をやめると徐々に元に戻るようです。
これは、まぶたの表皮は新陳代謝により、順次新しい表皮へと入れ替わるためだと思われます。

やっぱり中止したほうがいいのかな。

キサラタンで銀行のATMが使えなくなる?

人の目を使って本人確認をするという、虹彩認証というシステムがあります。

現在どこまで実用化に向けて進んでいるのかはわかりませんが、空港でのチェックや銀行ATMに使われるという話がありました。

緑内障に使われる目薬「キサラタン」の副作用には、虹彩色素沈着の副作用があります。

どのくらい影響があるのかはわかりませんが、キサラタンを使って銀行のATMが使えなくなった、という話が近い未来にあるかも。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク