更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ペネム系とカルバペネム系の違いは?


スポンサーリンク

ペネム系とカルバペネム系

ペネム系とカルバペネム系。同じペネムという名前がついていることから、似たような薬と誤解されます。

ペネム系は、ペニシリンとセファロスポリンのハイブリッド骨格を持ち、カルバペネム系とは全く異なる系統の薬剤です。

ペネム系のファロペネムは黄色ブドウ球菌などに有効であり、皮膚細菌感染症の第一選択薬として有用な薬剤です。

ペネム系の位置づけ

βラクタム系薬の薬剤選択においてよく誤解されているのが、ペネム系とカルバペネム系薬の位置づけです。

カルバペネム系薬は重症感染症に対する最後の切り札として慎重に投与されるべきです。

一方ペネム系薬であるファロペネムは、「ペネム」という名称からカルバペネム系薬と誤解されることがありますが、ペニシリンとセファロスポリンのハイブリッド骨格をもち、カルバペネム系薬とは全く異なる系統の薬剤です。

ファロペネムは黄色ブドウ球菌などに有効であり、皮膚細菌感染症の第一選択薬として有用な薬剤です。

小児の場合、剤形や味が問題となって服用が困難な場合があります。

このような場合には、水に溶解しやすく苦味のないファロペネムなど、小児が服用しやすい薬剤の選択、あるいは服用方法の工夫などが必要とされます。

ファロム

世界初の経口ペネム系。

β-ラクタマーゼに安定。

グラム陽性・陰性菌、嫌気性菌に有効。

カルバペネム系抗菌薬

超広範囲スペクトルの薬剤であり、抗菌力もきわ立って強い。

治療の切り札の一つである。

グラム陽性菌〔MRSA、MRCNS(メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌)を除く)〕、幅広いグラム陰性菌、嫌気性菌に有効である。

緑膿菌にも効果がある。

一方、同じブドウ糖非発酵菌であってもマルトフィリア菌には自然耐性である。

髄液への移行は良好で、髄膜炎等中枢神経系感染症に用いることができる。

以下の場合には、原則として用いてはならない。①たいていの市中感染症、②手術部位感染の予防、③重症の緑膿菌感染症(特に肺炎)での単剤使用、④緑膿菌以外のPseudomonas感染症、⑤重症の腸球菌感染症での単剤使用

適正な感染症診療を行うならば、使用頻度は少ないはずの薬剤である。

何らかの使用制限のシステムを設けるのが望ましい薬剤である。

オラペネム

世界初の経口カルバペネム系抗菌薬。

ペネム系抗菌薬

ペニシリン耐性肺炎球菌に有効である。

緑膿菌には無効である。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク