更新日:2016年9月10日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

抗菌薬の併用はアリか?


スポンサーリンク

抗菌薬の併用

セフェム系とマクロライド系とかならよく見かける。
でも、セフェム系とニューキノロン系とか、やり過ぎじゃねーか、と思う。

抗菌薬を併用する理由として、下記4つの考えがあります。

1.原因菌不明もしくは複数菌感染が疑われている場合に抗菌スペクトルを広げる目的

2.併用療法によって相乗効果や相加効果が期待できる場合

3.耐性菌の出現防止を目的とする場合

4.副作用の軽減を目的とする場合

肺炎に対する抗菌薬併用療法

成人が罹患する市中肺炎(CAP)は、細菌性肺炎非定型肺炎に分類される。
両者は起炎菌が異なるため、治療に用いる抗菌薬も大きく異なる。

まず細菌性肺炎に関しては、肺炎レンサ球菌インフルエンザ菌モラクセラ・カタラーリスが主な起炎菌であり、日本化学療法学会の「JAID/JSC 感染症治療ガイドラインー呼吸器感染症-」では、グラム陽性球菌とグラム陰性桿菌の両方に有効な高用量ペニシリン系薬が推奨されている。

具体的には、アモキシシリン水和物(AMPC)とβラクタマーゼ阻害薬のクラブラン酸カリウム(CVA) を2:1 (250mg:125mg) で配合したオーグメンチン配合錠250RS、またはスルタミシリントシル酸塩水和物(SBTPC) 375mg(ユナシン錠375mg) を1回2錠、1日3~4回投与することが推奨されている。
βラクタマーゼ阻害薬は、細菌が産生する薬剤不活化酵素のβラクタマーゼを不可逆的に阻害し、生体内で抗菌薬の安定性を高める作用を持つ。
SBTPC はアンピシリン(ABPC) とβラクタマーゼ阻害薬のスルバクタムをエステル結合したmutual prodrugであり、配合比はオーグメンチンと同様、2:1である。
ガイドラインでの推奨量は、AMPCまたはABPCとして1500 ~2000mg/日に相当する。
しかし日本での承認最大用量は、オーグメンチン配合錠250RS は4錠/日(AMPCとして1000mg/ 日) 、ユナシンは最大3錠/日(ABPC として750mg/ 日) である。
そこで同ガイドラインでは、オーグメンチン配合錠250RS を1回1錠、1日3回に加え、AMPC(サワシリン) 250mgを1回1錠、1日3回投与する方法を例示している。
AMPC単剤を追加するのは、βラクタマーゼ阻害薬を増量すると下痢などの副作用リスクが上昇する恐れがあることから、副作用を抑えつつ十分な抗菌効果を得るためと考えられる。

一方、非定型肺炎に関しては、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミジア、レジオネラ菌が主な起炎菌であり、アジスロマイシン水和物(ジスロマック) などのマクロライド系薬やテトラサイクリン系薬が第一選択となる。
細菌性肺炎と非定型肺炎は、年齢、基礎疾患、頑固な咳や痰の有無、迅速診断による原因菌の特定、胸部聴診所見などで鑑別するが、どちらであるかが明らかでない場合は、高用量ペニシリン系薬マクロライド系薬またはテトラサイクリン系薬が併用される。

抗菌薬の効果は、一般に3日目前後に判定される。
なお、教科書的にはマクロライド系薬は肺炎球菌に有効とされるが、日本ではほとんどの肺炎球菌が耐性化しており推奨されない。
また、ニユーキノロン系薬は細菌性肺炎と非定型肺炎の両者をカバーできるが、耐性菌抑制の観点から、高齢者や重症例などに限って積極的な使用が考慮される。
なお、政府は2016年4月、「薬剤耐性対策アクションプラン」を策定し、2020年の抗菌薬使用量を現在の3分の2に減らすことを掲げている。抗菌薬の適正使用において、薬剤師のさらなる貢献が求められている。

参考書籍:日経DI2016.5

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ