更新日:2016年12月21日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

透析患者に利尿剤は無意味?


スポンサードリンク

透析と尿

透析患者が「なるべく飲まないようにしている」と言ったのを聞いて「お酒ですか?」と聞いたり、
透析患者の利尿剤が減ったのをみて、「薬が減って良かったですね」と言ってみたり、
とんちんかんなことを言って恥をかかないようにはしておきたい。

透析をしているという患者にラシックスとかが処方されていることがある。
意味あるのかな、と思ってたけど、尿が出てる透析患者もいるようです。

たいていの透析患者は、透析導入後の1~2ヶ月以内で、ほとんど無尿(医学的には1日100ml以下は無尿と言います。)に近い状態になるものです。しかし、尿が例えば1日600mlとか出ている人もいますので、この尿量を少しでも長く維持できれば、その分だけ体重増加が少なく治療は楽になります。従ってこの場合、保存期から服用していた利尿薬の内服を止めずに継続します。具体的には、ループ利尿薬と呼ばれるグループの薬が適当で、通常よりやや多めの量を使用します。(カリウムを上昇させないラシックス錠80~100mg)人工透析Q&A

透析をしつつ、利尿剤で少しでも水分を出すことができれば、心臓への負担を軽減することができる。

どの程度尿量があるのか聞いてみよう。

スポンサードリンク

コメント

  1. わりといらっしゃいます。

    利尿効果以外を狙って
    アルダクトンAなんかも出ます。

    恵比寿:2013/4/22

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク