更新日:2017年4月24日.全記事数:3,104件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

小児に使えない点鼻薬?


スポンサードリンク

点鼻薬は何歳から使える?

点鼻薬を小児に使うときの注意としては、トークやプリビナなどの血管収縮薬を2歳未満に使ってはいけないことが有名です。

これらの血管収縮薬を小児に対して過度に使用すると、発汗、徐脈、昏睡などのショック症状が現れ、危険だからです。

抗ヒスタミン薬やステロイドの点鼻では別に年齢制限なく使えそうですが、添付文書上での制限もあるので注意が必要です。

ザジテン点鼻液やリボスチン点鼻液の添付文書には、
「低出生体重児、新生児、乳児、幼児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。」
となっているので、基本的には7歳以上からの適応です。

インタール点鼻液は、小児に関しての注意書きは何もないので、乳幼児でも使用可能かと。

アルデシンAQネーザルの添付文書には、
「低出生体重児,新生児,乳児又は5才以下の幼児に対する安全性は確立していないので,慎重に投与すること。」
となっているので、6歳以上から。

小児用フルナーゼは、
「低出生体重児、新生児、乳児、又は4歳以下の幼児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。」
となっているので、5歳以上。

ナシビン、トーク、プリビナ、ナーベル、コールタイジンは2歳未満に禁忌。

ナーベル、コールタイジンの用法用量には「本剤は原則として6歳以上の小児及び成人に用いる。」という記載も。

禁忌については疑義照会かけますが、それ以外については査定されたことも無いので流しますけど。

医療用だと基本的に血管収縮薬のほうが危険で、ステロイドのほうが使いやすいイメージですが、OTCではナザールスプレーは7歳から使えるけど、ステロイド配合のナザールARは18歳以上じゃないと使えない。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク