2021年5月11日更新.2,566記事.6,824,991文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたいなと。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

狭心症治療薬の一覧

硝酸剤一覧

分類医薬品名一般名効果発現時間効果持続時間規格剤形用法用量
速効性硝酸薬亜硝酸アミル「AFP」亜硝酸アミル30秒以内4~8分液:1管中0.25mL1回1管を、被覆を除かずそのまま打ち叩いて破砕し、内容を被覆に吸収させ、鼻孔に当てて吸入させる。
ニトロールスプレー硝酸イソソルビド1~2分30~120分スプレー:1.25㎎㎎/噴霧(100回用)1回1噴霧 を口腔内に投与する。
効果不十分の場合には、1回1噴霧にかぎり追加する。
ニトロール錠(舌下)硝酸イソソルビド2分2時間狭心発作時には、通常成人1回1〜2錠(硝酸イソソルビドとして1回5〜10mg)を舌下投与する。
ニトロペン舌下錠ニトログリセリン1~3分30~60分舌下錠:0.3㎎通常成人0.3〜0.6mgを舌下投与する。狭心症に対し投与後、数分間で効果のあらわれない場合には、更に0.3〜0.6mgを追加投与する。
ミオコールスプレーニトログリセリン1~2分30~60分スプレー:0.3㎎/噴霧(100回用)通常、成人には、1回1噴霧を舌下に投与する。
なお、効果不十分の場合は1噴霧を追加投与する。
持続性製剤アイトロール錠一硝酸イソソルビド30~60分7時間錠:10㎎、20㎎通常、成人には1回20mg1日2回を経口投与する。効果不十分な場合には1回40mg1日2回まで増量できる。
ニトロールR硝酸イソソルビド1時間以内8~12時間徐放カプセル:20㎎通常成人は、1回1カプセルを1日2回、経口投与する。
ニトロール錠硝酸イソソルビド15~30分2~4時間錠:5㎎通常成人は、1回1〜2錠を1日3〜4回経口投与する。
ニトロダームTTSニトログリセリン1時間以内24時間テープ:25㎎/枚通常、成人に対し1日1回1枚を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
フランドル錠硝酸イソソルビド1時間以内8~12時間錠:20㎎通常、成人に対し、1回1錠を1日2回経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
フランドルテープ硝酸イソソルビド2時間24~48時間テープ:40㎎通常、成人に対し、1回1枚を胸部、上腹部又は背部のいずれかに貼付する。貼付後24時間又は48時間ごとに貼りかえる。
ミニトロテープニトログリセリン30~60分24時間テープ:27㎎/枚通常、成人に対し1日1回1枚を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
ミリステープニトログリセリン30分8時間テープ:5㎎/枚成人は1回1枚を1日2回、12時間ごとに胸部、上腹部、背部、上腕部又は大腿部のいずれかに貼付する。

その他の冠血管拡張薬一覧

分類商品名一般名規格剤形用法用量
その他の冠拡張薬ペルサンチンジピリダモール錠(12.5㎎、25㎎、100㎎)、Lカプセル(150㎎)錠12.5㎎、25㎎:1回25mgを1日3回
錠100㎎:1日300〜400mgを3〜4回
Lカプセル:1回150mgを1日2回
コメリアンジラゼプ塩酸塩水和物錠(50㎎、100㎎)狭心症、その他:50mgを1日3回
IgA腎症:100mgを1日3回
ロコルナールトラピジル錠(50㎎、100㎎)、細粒10%1回100mgを1日3回
シグマートニコランジル錠(2.5㎎、5㎎)1日15mg分3
バスタレルFトリメタジジン塩酸塩錠(3㎎)1回3mgを1日3回

虚血性心疾患

虚血性心疾患は、冠動脈に狭窄や閉塞が起こり、心臓に血液が十分供給されない状態を指す。
心筋虚血により心筋が障害されると、心機能が低下し生命に関わる恐れがあるほか、心不全や不整脈などの合併症を引き起こすこともある。
加齢、脂質異常症、高血圧、糖尿病や喫煙などによる動脈硬化症が原因であることが多い。

虚血性心疾患の分類

虚血性心疾患は、冠動脈の狭窄・閉塞の機序から、①労作性狭心症、②冠攣縮性狭心症、③不安定狭心症、④急性心筋梗塞、に分類できる。

【慢性冠動脈疾患】
●労作性狭心症:動脈硬化による器質的狭窄
●冠攣縮性狭心症:冠動脈の攣縮による一過性の狭窄、または完全閉塞

【急性冠症候群(ACS)】
●不安定狭心症:血栓による狭窄
●急性心筋梗塞:血栓による完全閉塞

動脈硬化が進み、血管内の粥状硬化病変(プラーク)により冠動脈が狭くなると、心筋が虚血状態になり、運動などで身体を動かしたときに胸が痛くなる。
これを「労作性狭心症」と呼ぶ。
前胸部の圧迫感・絞扼感や、左肩から左上肢、首から顎などにかけて放散痛を生じるが、安静にすると3~5分程度で治まる場合が多い。

一方、動脈硬化により冠動脈の内皮機能が障害されると、冠動脈が攣縮(一過性に異常収縮)して心筋虚血を起こすことがある。
これを「冠攣縮性狭心症」と呼ぶ。
労作とは関係なく症状が出現することが特徴で、症状は数分~10分程度で消失する。

プラークが大きくなりその表面がもろくなると、プラークが突然破綻して冠動脈の狭窄や完全閉塞が生じ、「不安定狭心症」や「急性心筋梗塞」などの急性冠症候群(acute coronary syndrome:ACS)を発症する。
不安定狭心症では、労作時・安静時を問わない前胸部・胸骨後部の胸痛や放散痛が、数分~20分程度持続する。
一方、急性心筋梗塞は、発症時に突然の胸痛・胸部圧迫感を自覚することが多い。
これは冠動脈血流の急激な減少により心筋が壊死するためで、冠動脈の血流を一刻も早く回復させる必要がある。

ACSに対する急性期の治療では、冠動脈の狭窄・閉塞部位を拡張しステントを挿入する経皮的冠動脈インターベーション(percutaneous coronary intervention:PCI)や狭窄部を迂回する新しい血液のルートを作る冠動脈バイパス術を行う。

慢性期の治療目的は、冠動脈疾患の再発予防と合併症の治療である。
抗血小板薬で再狭窄を予防し、冠動脈疾患の危険因子をコントロールするとともに、不整脈や心不全を治療する。

冠血管拡張薬

硝酸薬

硝酸薬は冠動脈および静脈の拡張効果があり、心負荷を軽減することで狭心症の症状や発作を抑える。
血管平滑筋細胞で一酸化窒素(NO)を発生し、細胞内の環状グアノシンーリン酸(cGMP)濃度を高めることで血管平滑筋を弛緩させる。
またCa拮抗薬は冠動脈拡張作用により狭心症の発作を予防する。
β遮断薬は血圧および心拍数を抑え、心負荷を低減させる目的で用いられる。

ニトログリセリンは心筋梗塞超急性期にも利点がある。
経口、注射、外用の各種製剤が発売されている。
口腔内が乾いている者(高齢者など)は口腔内噴霧がよい。

経皮製剤は肝での初回通過効果を受けないので、安定した血中濃度が得られる。
この場合テープはフィルムに硝酸薬を配合した粘着剤を塗布したものであるのに対して、パッチ剤は貯蔵層にニトログリセリンを貯めて皮膚との間に放出制御膜粘着剤を配置している。
発作発現時間や誘発因子に合わせて投薬時間を調節する。

経口硝酸薬の慢性投与は、必ずしも長期予後に好影響を与えていない。
注射剤は速効性を期待できると同時に持続点滴による長時間の効果維持が可能で、不安定狭心症の治療に有用である。

この薬、血管を拡張させる物質(c-GMP)の生成を高めて、心臓へ酸素と栄養を供給している冠血管を拡げ、けいれん(スパズム)を抑え、締めつけられるような胸の痛みを改善したり、予防したりする薬です。同時に末梢の静脈を拡げて、心臓へ戻ってくる血液を減らし、末梢の動脈を拡げて血圧を下げ、心臓の負担を少なくする薬です。

ペルサンチン

この薬は血管を拡張させる物質(アデノシン)の作用を強めて、心臓へ酸素や栄養を供給している冠血管を拡げる薬です。
また、血管の収縮や血小板の凝集を起こす物質(トロンボキサンA2)の生成や作用を抑えて、同時に血管の拡張や血小板の凝集を抑える物質(プロスタサイクリン)の生成や作用を高めて、血液を固まりにくくし、血栓ができるのを抑え、尿中に蛋白が出るのを防ぐ薬です。

シグマート

この薬は血管を拡張させる物質(c-GMP)の生成を高め(硝酸薬様作用)、同時にカリウムの透過性を高めて(カリウムチャネル開口作用)血管を収縮させるカルシウムの流入を抑えて、心臓へ酸素や栄養を供給している冠血管を拡げる薬です。

ロコルナール

この薬は血管の収縮や血小板の凝集を起こす物質(トロンボキサンA2)の生成や作用を抑えて、同時に血管の拡張や血小板の凝集を抑える物質(プロスタサイクリン)の生成や作用を高めて、心臓へ酸素や栄養を供給している冠血管を拡げる薬です。

トラピジルはトロンボキサンA2 の合成及び作用を抑制し、プロスタサイクリンの産生を促進して抗血小板作用を示すと考えられている。狭心症に適用がある。

コメリアンコーワ

この薬は血管を拡張させる物質(アデノシン)の作用を強めて、心臓へ酸素や栄養を供給している冠血管を拡げたり、尿中に蛋白が出るのを防ぐ薬です。

ジラセプ塩酸塩水和物はホスホリパーゼCを阻害することにより、ホスファチジル イノシトール 3キ ナーゼの産生を抑制して抗血小板作用を示すと考えられている。虚血性心疾患やIgA腎症に適用がある。

薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:習うより慣れろ。学ぶより真似ろ。

今日の勉強

下剤の一覧

最新の記事


人気の記事

おすすめ記事

・現役薬剤師が教える!すぐ辞める地雷薬局の見極め方

検索