2020年2月24日更新.3,285記事.6,294,781文字.

ドラッグストアで働く無気力ネガティブ薬剤師が、日々の仕事に憔悴しながらも、自分を奮い立たせるためのモチベーションとして、知的好奇心を揺さぶるために書き綴る勉強内容の備忘録的ブログ。モットーは「習うより慣れろ。学ぶより真似ろ。」

記事

冷え性?冷え症?

冷え症と冷え性

冷えしょうで変換すると「冷え症」と「冷え性」が出てくる。
どちらが正しいのか?

「冷え症」とは、客観的に冷えている所見ではなく、体の冷えを強く不快に感じる主観的な症状あるいは症状のある人のことである。
そのため西洋医学では「冷え性」と書くように、病気と認識せず冷えに過敏な性分(寒冷過敏症)と捉えてきた。

一方、東洋医学では古来より、冷えを病気になる前段階(未病)と捉え治療の対象にしてきたため、「冷え症」と書き、治療法も充実しているのである。

冷え症の人は眠れない?

変温動物と異なり、気温が下がっても体温を保てるほ乳類の私たちは、どのように休息をとるのでしょうか。

それは、夜になると体温が自然に下がり、脳と身体の休息に適した状態をつくりあげ、睡眠へと導くシステムにより行われています。

その中心を担っているのが、脳のなかの視交叉上核にある体内時計です。

体温を下げるためには、エネルギー代謝で生じた身体の熱を外に逃がす必要があります。

眠くなると手足が温かくなるのは、実は皮膚表面から散熱して体温を下げているからです。

つまり、私たちが「温まっている」と感じる反対の現象が、身体の内部で起こっていることになります。

眠くなると赤ん坊の手足がぽかぽか温かくなるのは、まだ生体リズムが整っておらず熱を急速に逃がして休息をとるからです。

散熱する部位は、主に手背(手の甲)や足背(足の甲)、太腿の内側です。

冷え症の人が上手く眠れないのは、身体の熱を逃がすまいとして手足の末梢血管が収縮してしまい、体温が下がりにくくなっているためです。

一方で、真夏の夜、暑くて眠れないことがあります。

この理由も同様で、外気温と湿度が高いために身体の熱をうまく逃がすことができず、体温が下がりにくいためと考えられます。

寝汗と睡眠

夏の季節に限らず、成人はひと晩にコップ一杯に相当する量の寝汗をかくといわれています。

眠っている間に汗をかくのは、体温を調節するためです。

入眠後、特に最初の1〜2時間、ひと晩で最も睡眠が深くなる時に大量の汗をかきます。

この時、体温が急激に下降することがわかっています。

睡眠中に汗をかくことで皮膚から熱を逃がし、身体の内部の温度をさらに下げ、エネルギー消費を減らして脳と身体を十分に休ませます。

そのため寝汗をかいている時の睡眠は深く、健康な人の場合、途中で目覚めることはありません。

足が冷えて眠れない?

布団に入っても足が冷えて寝付けない人は案外多いようです。

特に女性にとっては、3人に1人が「冷え症」であると答えています。

また、デスクワークの多い人にとっては、足を使うことが少ないため、血行のバランスを崩し、足の冷えを招く一因となっています。

西洋医学では、単なる冷えはほとんど無視されており、眠れなければ、ただ催眠剤や安定剤が処方されることになります。

一方、漢方医学では、冷えそのものを全身の症状として捉え、冷えがすべての病気や症状の原因と考えます。

すなわち、病気になる前の1つのシグナルと捉え重要視します。

また、冷えは漢方医学の得意分野でもあります。

一般的には、証に無関係に当帰四逆加呉茱萸生姜湯がよく用いられることがあります。

また、以下のような生活環境・習慣の人は冷え症の原因になっている場合が多いので注意して下さい。

①タバコを吸う人(血管収縮のため血液の循環が悪くなる)。
②水分を多く摂る人(水滞の原因となる)。
③女性に多く、きつい下着をつけている人(血行が悪くなり、お血を生じる)。
④ストレスが多い人(気虚→肝気鬱結となる)。
⑤クーラーが苦手あるいは逆にクーラーが強くないとイヤという人。
⑥果物や生野菜がたいへん好きな人(寒の食性が多い)。

その他、特に女性でハイヒールをよく履く人、ミニスカートをよくはく人、ダイエットをしている人なども冷えの原因をつくっていると思われます。

IMG_0670
薬剤師

勉強ってつまらないなぁ。楽しみながら勉強できるクイズ形式の勉強法とかがあればなぁ。

先生

そんな薬剤師には、m3.com(エムスリードットコム)の、薬剤師のための「学べる医療クイズ」がおすすめ。

コメント


カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
職業:薬剤師(管理薬剤師)
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう

最新の記事


人気の記事

タグ


検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ