更新日:2017年2月16日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

食べても痩せる病気


スポンサードリンク

食べても食べても太らない

いくら食べても太らない。
そんな病気になってみたい。なーんて女子は多いでしょう。

そんな病気があります。
食べても痩せるということは、栄養が吸収されていない、あるいは、勝手にエネルギーを消費している状態といった、疲れる状態ですので、病気の当人にとってはとってもしんどいものです。

バセドウ病

まずはバセドウ病。
甲状腺機能亢進症です。
甲状腺ホルモンは新陳代謝を司るホルモンですので、その機能が亢進すれば代謝がよくなり過ぎ、痩せるということです。

糖尿病

糖尿病と聞くと、太っている人のイメージですが、重度の糖尿病では痩せてきます。
血液中の糖を利用するためのホルモンがインスリンです。インスリンの働きで糖をエネルギーとして利用し、脂肪として蓄えるといった働きがあります。
そのため、インスリンが無ければ、脂肪としてエネルギーが蓄えられることもなく、太らない、太れない。

力士が太るためにインスリンを使っていたという話もありました。

膵炎

そして最後に膵炎。
脂肪を分解し吸収しやすくする消化酵素に、膵臓から分泌されるリパーゼがあります。
膵臓の病気になると、そのリパーゼが分泌されず、脂肪を吸収できなくなり、痩せていくということです。

リパクレオンやベリチームといった、膵消化酵素リパーゼを含む薬が処方されている患者は、膵炎、膵臓癌、糖尿病など膵臓の機能に何らかの障害を持った人です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク