更新日:2017年1月27日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

フラジールは抗トリコモナス薬?


スポンサードリンク

フラジール1日3回?

フラジールといえばトリコモナスというイメージが強かったので、1日2回10日間、という用法で私の頭は固まったままでした。

2017年1月現在の効能効果と用法は、

1. トリコモナス症(腟トリコモナスによる感染症) 通常,成人にはメトロニダゾールとして,1クールとして,1回250mgを1日2回,10日間経口投与する。
2. 嫌気性菌感染症 通常,成人にはメトロニダゾールとして1回500mgを1日3回又は4回経口投与する。
3. 感染性腸炎 通常,成人にはメトロニダゾールとして1回250mgを1日4回又は1回500mgを1日3回,10~14日間経口投与する。
4. 細菌性腟症 通常,成人にはメトロニダゾールとして,1回250mgを1日3回又は1回500mgを1日2回7日間経口投与する。
5. ヘリコバクター・ピロリ感染症 アモキシシリン水和物,クラリスロマイシン及びプロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合
通常,成人にはメトロニダゾールとして1回250mg,アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回,7日間経口投与する。
6. アメーバ赤痢 通常,成人にはメトロニダゾールとして1回500mgを1日3回10日間経口投与する。
なお,症状に応じて1回750mgを1日3回経口投与する。
7. ランブル鞭毛虫感染症 通常,成人にはメトロニダゾールとして1回250mgを1日3回5~7日間経口投与する。

トリコモナス以外の適応症もかなり広がっています。
女性だとなかなか聞きづらい病名もあるので、用法からある程度の推測をする。

フラジールの作用機序
抗原虫及びヘリコバクター・ピロリ除菌作用;メトロニダゾールは原虫又はヘリコバクター・ピロリ菌体内のニトロ還元酵素系の反応によって還元を受け,ニトロソ化合物(R-NO)に変化する。このR-NOが抗原虫作用及びヘリコバクター・ピロリに対する殺菌作用を示す。また,反応の途中で生成したヒドロキシラジカルがDNAを切断し,DNAらせん構造の不安定化を招く。

ピロリ菌とか偽膜性腸炎とかにも使われてるし、色んな菌に使えるのかな。

抗寄生虫薬ではなく、抗菌薬に分類したほうがよさげ。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク