2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

むずむず脚の原因は鉄不足?

スポンサーリンク


むずむず脚症候群と鉄

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の原因に鉄欠乏が関与することが1950年代から認識されており、実際に、一部の患者では鉄欠乏性貧血の治療が著効を示しました。

人間の神経で情報の受け渡しを行うドーパミンという神経伝達物質は鉄分が不足すると分泌量が減り、情報を正しく伝えることができなくなってしまいすべて脳への情報が誤って伝えられる為、身体の感覚に異常を感じるとされています。

また鉄欠乏性貧血は女性に多いので、レストレスレッグス症候群が女性に多い事に関係しているともいわれます。

むずむず脚症候群は、背後側視床下部のドパミンA11細胞群の機能障害が原因とされる。
鉄はドパミン合成の補酵素となるため、貯蔵鉄量の不足によっても、むずむず脚症候群は起こるのである。

体内における鉄分の欠乏はむずむず脚症候群の発症要因となる。
貧血の有無に拘らず、血清フェリチンが低下(貯蔵鉄が欠乏)している場合や血清フェリチンが50ng/mL未満の場合には鉄剤の補充が勧められている。
血清フェリチン50ng/mL以上を目標に、便秘、黒色便、嘔吐、腹痛などの消化器症状の副作用に注意しながら使用する。

むずむず脚と生活習慣

むずむず脚症候群(RLS)の病態については、脳が鉄欠乏となり、夜間に中枢ドパミン神経伝達が低下して脊髄の神経細胞が興奮状態となり、下肢の筋肉に興奮と異常感覚が発現するメカニズムが考えられています。
患者の大部分は原因の明らかでない特発性RLSですが、一部は鉄欠乏性貧血、腎不全、妊娠、末梢神経障害などに伴う二次性RLSです。
このほか、抗精神病薬、制吐薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬を使用した後でRLSが発現した患者では、薬剤誘発性RLSのことがあります。

RLSの治療は、症状が軽度なら非薬物療法を主体とし、症状が中等度以上のときに薬物療法を考慮します。
非薬物療法は、RLSを誘発したり悪化させる生活習慣を改善する試みです。
カフェイン、二コチン、アルゴールはRLSを悪化させるので避けるようにして、鉄分を十分に取るようにします。
睡眠衛生の改善に努めて、寝る前に入浴やマッサージやストレッチを行うと夜間の症状が和らぎます。
症状が出現しそうなときに読書やテレビゲームなどに集中するのも効果的です。

参考書籍:日経DI2014.6、クレデンシャル2013.8

スポンサーリンク

薬歴の悩み①

IMG_0670
薬剤師

↓この薬歴じゃダメなの?自分の薬歴いつもこんなもんだけど・・・

S:特に不安なことはありません。
O:体調は良好。来月は検査。
A:コレステロールの薬は夕方飲む方が効き目が良い。
P:今まで通り継続を。
先生

個別指導で困らないようにしとかないとね

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索