更新日:2017年1月7日.全記事数:3,091件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

抗うつ薬まとめ


スポンサードリンク

抗うつ薬

打つ病のメカニズムとして、モノアミンであるセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなどの活性が低下しているというモノアミン仮説と、視床下部-下垂体-副腎皮質系の障害とする二つの仮説が主流である。
抗うつ薬はモノアミン仮説にならってモノアミンを活性化させることで効果を発揮する。

トレドミン

効果が早くCYPに関係しない。

意欲低下例に効果。

日本で最初に上市されたSNRI。

肝臓で代謝を受けないため、薬物相互作用が起こりにくく、内科疾患で投薬を受けている患者にも使いやすい。

SNRIはうつ病に合併する慢性疼痛に有効であるとの報告もあり、その分野で使用されることも多い。

頻度の高い副作用として、吐き気、頭痛、尿閉があり、注意が必要である。

腎排泄であるため、腎障害のある患者へ投与する場合はより少量から開始すべきである。

SSRI

過量服薬しても比較的安全で、かつ治療域が広いことから第一選択薬として用いられるが、その効果は三環系抗うつ薬を上回らず、重症例には適さない。
鎮静効果がないことから非鎮静系薬とみなされる。
強迫性障害、社交不安障害(対人恐怖症)、パニック障害、過食症などにも効果的とされる。
心毒性がなく自殺の目的で過量服用しても致死的とならないが、薬物代謝酵素阻害作用があるため併用の際は注意する。
パロキセチン(パキシル)はうつ病のみならずパニック障害にも効果的で比較的強力だが、中断症候群が起きやすい。
同剤のCR錠は吸収が遅く最大血中濃度が下がるため胃腸症状は少ないとされる。
セルトラリン(ジェイゾロフト)はうつ病、パニック障害などが適応で比較的安全で使いやすいが、下痢が多くみられる。
フルボキサミン(ルボックス、デプロメール)やパロキセチンはP450を阻害するため、併用薬と相互作用を起こしやすいので注意する。
また、パロキセチンやセルトラリンはP糖蛋白を阻害するため、抗悪性腫瘍薬やジギタリス製剤との併用時は注意する。
エスシタロプラム(レクサプロ)は初期用量から既に効果発現するため使いやすいが、心電図上のQT延長があり、心疾患の患者への投与は控える。

パキシルの特徴

・抗不安作用を併せ持つ。
・比較的強力。
・中断症候群に注意。
・パロキセチン(パキシル)はうつ病のみならずパニック障害にも効果的で比較的強力だが、漸減や中止過程において離脱症状が起きやすい。

1日1回投与が原則である。
成人ではうつ病・うつ状態に対して、10~20mg/日から開始し、維持用量としては20~40mg/日を使用する。
増量する場合は原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量するとよい。
セロトニントランスポーターの阻害作用・親和性が最も高いSSRIで、抗うつ作用と抗不安作用を併せもち、幅広く使用されている。
肝代謝酵素であるCYP2D6を阻害するため、この酵素で代謝される薬剤と併用する場合には注意を要する。
また、退薬症状が出現しやすいため、投与中止の際はできるだけゆっくり漸減する。

SNRI

デュロキセチン(サインバルタ)とミルナシプラン(トレドミン)が含まれる。
セロトニンとノルアドレナリン双方に作用するため、SSRIの効果に意欲向上が加わり、より広い治療スペクトラムとなりうる。
これも非鎮静系薬と考えられる。
また脊髄の下行性疼痛路でセロトニン及びノルアドレナリンを活性化させて慢性疼痛に作用することが期待される。
デュロキセチンはセロトニン再取り込み阻害作用が強く効果が期待されるが、投与早期の胃腸症状や肝障害に注意する。
ミルナシプランはSSRIと異なりCYP阻害作用がないため、他剤との併用も比較的安心であるが、尿閉や頭痛、頻脈、血圧上昇に気を付ける。

Q.アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどをまとめて( A1 )と呼ぶことがあります。

Q.モノアミンは神経伝達の担い手で、神経細胞内で合成されたあと、 ①シナプス間隙に放出、②受容体に結合、③受容体から解離、④再取り込みというサイクルが何度か行われたあとに酸化酵素で分解され、役目を終えます。
その最終段階の分解を邪魔し、うつ状態のときに少なくなっているアドレナリンやセロトニンを増やそうとするのが( A2 )です。
しかしモノアミン酸化酵素阻害薬は、その副作用と、併用できない薬の多さや、服用中に食べると血圧が上昇し脳卒中を起こす危険性のある食品があるなど、処方する上で制約が多いことから、日本では現在ほとんど使用されなくなっています。
ただし、これらの問題点を改善した可逆的モノアミン酸化酵素タイプA阻害薬Reversible Inhibitors of Monoamine oxidase typeA(RIMA)という抗うつ薬がヨーロッパとカナダでは導入されていますが、アメリカや日本ではまだ認可されていません。

スルピリド(ドグマチール)

世界的には、三環系、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSA、モノアミン酸化酵素阻害薬、これら6つで分類されることが多いのですが、抗うつ薬の分類には入っていないスルピリド(ドグマチール)を抗うつ薬の分類に入れている場合もあります(これは日本特有というべき現象です)。
スルピリドは主にドーパミンの動態に影響を及ぼすことはわかっていますが、現在もはっきりとした作用機序は明らかではありません。
臨床的に、スルピリドはその用量によって異なった特性を示します。
低用量(1日量およそ300mgまで)では( A3 )を示し、高用量( 1日量300~600mgまでで、最高I200mg)では病的体験など、( A4 )の症状に効果を示すという特性です。
スルピリドの特性を考慮して、軽いうつ状態で食欲がなかったり、ストレス性潰癌の既往がある患者には低用量、うつ状態で衝動性が高く行動に問題が出たり、被害妄想を有したりする場合は高用量、と使い分けることになるでしょう(150mgまでの範囲で前者の効果をねらって処方する内科の医師は意外に多いようです)。

NaSSA

ほとんどの抗うつ薬がトランスポーター阻害によって効果を発現するのに対し、ミルタザピンはシナプス前部の自己受容体であるアドレナリンα2受容体の阻害によってセロトニンとノルアドレナリンの放出を促進することで効果を発揮する。このため効果発現が( A5 )ことが期待される。
さらにシナプス後部のセロトニン5-HT2受容体を阻害することで性機能障害が、5-HT3受容体を阻害することで胃腸症状が各々出現しにくい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク