更新日:2016年12月9日.全記事数:3,095件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

高山病にダイアモックス?


スポンサードリンク

高山病

山登り、アウトドアが嫌いな私にとっては縁のない病気ですが、山登りをして、頭痛や吐き気を起こす山酔い、高山病という病気があります。
高所では、低酸素刺激により過換気が生じ、CO2の排出量が増加し、血漿H+濃度が低下する(呼吸性アルカローシス)。
その結果、呼吸困難感などを覚えたり、脳や肺の血管が拡張して脳浮腫や肺水腫が発生する。

アセタゾラミドと高山病

アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素作用により肺胞中のHCO3-の尿中排泄を増加させるとともに、代謝性アシドーシスを起こしてH+を増加させる。
増加したH+により呼吸中枢が刺激され換気量が増大し、低酸素・炭酸ガス換気応答が改善する。

また、この換気量の増大により血中O2が増えCO2は減少し、呼吸性アシドーシス・無呼吸による睡眠中の低酸素血症が改善する。
さらに、換気応答の改善により睡眠中の呼吸感受性が維持され無呼吸の回数が減少する。
H+は脳血管拡張を起こす最も強力なイオンであるので、脳血流を増加させ、脳の酸素不足を改善すると考えられている。

アセタゾラミドの副作用

アセタゾラミドの副作用として、電解質バランスの崩れにより、口唇や手足がしびれることがあるので注意する。

食べる酸素?

富士山が世界遺産に登録されたため、富士登山をする人が増え、それに伴い高山病に陥る人も増えているという特集をテレビで見た。

そのときに、食べる酸素なるものを高山病患者に与えていたのだが、これは何なのだろう。

ダイアモックス?

とか、思いましたが、違うようで、ミネラル主体のサプリメントらしい。

•食べる酸素、飲む酸素、酸素水の製品一個あたり、最大でも1回の呼吸分程度の酸素しか含まれていない
•バナジウムやゲルマニウムを含む製品は、健康リスクを伴う場合があるので、要注意
•胃腸で酸素を100%吸収することは出来ない
•消化器官から酸素を取り込んでも、全身に行き渡らない食べる酸素、酸素水は高山病対策に効果あるか?【富士さんぽ】

やっぱり胡散臭いですね。

これを飲めば大丈夫、みたいに思って、高山病になりかけてるのに無理に昇ろうとするのは止めたほうがいい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)
今日の勉強

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク