更新日:2016年12月2日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

服薬指導は本人に行わないとダメ?


スポンサーリンク

服薬指導は本人に行わないとダメか?

患者以外の人間が医師の診察を受ける、ということはあり得ないだろうけど、患者以外の人間が薬を取りに来る、ということはよくあること。

患者の家族、知人、たまに会社の部下とか、タクシーの運転手がとりに来るということもある。

そんなときに、調剤報酬の点数を算定していいものかどうか悩むことがある。

調剤報酬点数表の薬剤服用歴管理指導料に関する部分には、

処方された薬剤について、直接患者又はその家族等から服薬状況等の情報を収集して薬剤服用歴に記録し、これに基づき薬剤の服用等に関して必要な指導を行うこと。

患者又はその家族等から、とあるので、家族など服薬状況を知っている者を介して行う服薬指導はアリととらえることができる。

保険薬局業務指針には以下のQ&Aが記載されている。

Q.薬剤服用歴管理指導料は、患者の家族や看護に当たっている者に対して指導を行った場合も算定できるか
A.現に患者の看護に当たっている者に対して行った場合にも算定できる。

本人に対して指導しなければ薬剤服用歴管理指導料算定できない、となったら、乳幼児の処方はすべて算定不可となるし。

施設の職員に対する服薬指導

上記のように、「現に患者の看護に当たっている者」に対して服薬指導を行った場合も、薬歴管理指導料は算定可能であるが、「施設の職員」に対してはグレーゾーンであるように思われる。

しかし、施設の職員に対して服薬指導を行った場合にも問題なく算定できる薬歴管理指導料というものが2016年4月からできた。
特養入所者に対する薬剤服用歴管理指導料3の算定については、以下のように書かれている。

薬剤服用歴管理指導料「3」は、保険薬剤師が患者が入所している特別養護老人ホームを訪問し、当該患者等(当該患者の薬剤を管理している当該施設の職員を含む。)に対して必要な指導等を行った場合に算定する。

この点数ができたことで、窓口に来た施設の職員に対する服薬指導では、薬歴管理指導料は算定できませんよ、とグレ-ゾーンの色が黒に近づいたように思われる。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ