更新日:2016年12月21日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

手が震えるのはパーキンソン病が原因?


スポンサーリンク

パーキンソンと本態性振戦の違いは?

手が震えるという高齢者の方は多い。手が震えるからといって、パーキンソン病とは限らない。

大まかに言って、動作時に細かい震えが出現するなら本態性振戦
体がリラックスしている静止時に、上肢や下肢がゆるやかに震えるならパーキンソン病の可能性がある。
震えが片側性で、時に体が固まったような姿勢を取り、動きに緩慢な感じがあれば、パーキンソン病である確率はさらに高い。

病名老人性(本態性)振戦パーキンソン病
発症年齢10~80歳(10代の思春期と50代の初老期に多い)40~70歳(50代の初老期に多い)
性差男≦女なし
好発部位上肢、頭、声(声の震え)、舌上肢、下肢
家族歴ときにありなし
主症状振戦振戦、固縮、無動
随伴症状なし動作緩慢、歩行障害
頭部の振戦多い(頭を左右に振る)まれ
振戦の特徴・静止(安静)時にはない・姿勢時、動作時に出現する・やや速い振戦(5~10Hz)・飲酒で振戦が軽快する事多い・静止(安静)時に出現・遅い振戦(4~6Hz)・丸薬を丸めるような運動(pill rolling tremor)
治療薬β受容体遮断剤(塩酸アロチノロール)抗コリン薬(トリヘキシフェニジル)、ドパミン作動薬(L- ドパ)

パーキンソン病の患者さんで、手の震えが大きい方が、字を書くときには震えが治まり、キレイに字をかけていたことを思い出しました。
動作をするときには震えが治まる。
それが安静時振戦

振戦の分類

安静時振戦は、安静時に最も著明に表れ、手などを意識して動かすとき(随意運動中)は減弱もしくは消失する震えである。
最も典型的な原因はパーキンソン病で、患者の7割が安静時振戦を初期症状として受診する。
姿勢時振戦は、手を上に挙げる(挙上位)など、特定の姿勢を取ったときに出現する震えである。

最も代表的なものは本態性振戦である。
これは、上肢や頭部の姿勢時振戦がほぼ唯一の症状である良性疾患。
水を注ぐ、はしを使うなどの随意運動時にも震えが表れることがあり、精神的な緊張で震えが増強するという特徴がある。

企図振戦と、動作時振戦は、どちらも随意運動中に起こる震えである。
手などを意識して動かしている間は震えるが、動きをやめると震えも止まる。
企図振戦は、水を飲もうとしてコップを手に取り口元に近づける、階段を下りようとして手すりを持とうとするなど、運動の目標(この場合は口元や手すり)に近づくほど震えがひどくなるという特徴がある。

一方の動作時振戦は、運動の目標の有無にかかわらず、随意運動中のみに震えが生じるという違いがある。
両者を運動時振戦としてまとめる分類もある。
企図振戦の「運動の目標に近づくほど震えが増す」という症状は、随意運動をつかさどる小脳の失調により起こり、脳の腫瘍などが原因になっていることがある。

安静時振戦とは?

振戦とは筋肉の収縮、弛緩が繰り返された場合に起こる不随意のリズミカル運動である。

振戦はだれしも起こりうる症状でストレス、不安、疲労、アルコールの離脱症状(禁断症状)、甲状腺機能亢進症(甲状腺の働きが過剰になる)、カフェイン摂取、刺激薬(エフェドリンなど)の使用などで出る場合がある。

ふるえともいう。

本態性振戦によるふるえは、安静時にはほとんど見られず、姿勢時・動作時に現れるのが特徴である。
ふるえ方は通常速く、細かい。
出現部位は上肢が最も多いが、時に下肢、頭部、声、下顎などにも現れる。

適度な飲酒でふるえが改善することが多い。
家族に多発するタイプの本態性振戦は「家族性振戦」と呼ばれる。

臨床上は、やはり振戦を来すパーキンソン病との鑑別が重要になる。
パーキンソン病は大脳黒質の神経細胞変性が原因であり、その振戦は安静時に見られ、丸薬を丸めるような遅いふるえであることが多い。
またパーキンソン病では、振戦のほかに、固縮(手足がこわばる) 、無動(動作が鈍くなる) 、無表情などの症状が見られる。

安静時振戦は安静時には現れない?

パーキンソン病の4大症状といえば、「振戦、無動、固縮、姿勢反射障害」です。
パーキンソン病の振戦は、安静時振戦とも言われます。

安静時振戦は、パーキンソン病に特徴的な振戦である。
メルクマニュアル家庭版, 振戦 91 章 運動障害
安静時振戦: 筋肉が休んでいるときに起きる、ゆっくりとした動きの粗いふるえで、患者が完全にリラックスした状態なのに腕や脚がふるえます。安静時振戦は、基底核を含む大脳の底部にある神経細胞群が障害されると起こります。そのような障害をもたらす原因には、パーキンソン病、リチウムや抗精神病薬などの使用、重金属による中毒(たとえば体内に銅が蓄積されるウィルソン病)などがあります。

しかしこの「安静」というのは筋肉がリラックスした状態という意味で、心身ともにリラックスした安静状態では安静時振戦は現れにくいという。

誤解してました。

上肢の安静時振戦は、字を書くときなどの動作時には止まる。
安静時振戦の「安静」とは、観察対象部位(多くの場合は上肢)に限定した「安静」であり、語学的な意味の心身共にリラックスした状態の「安静」とは異なる。
待合室で膝の上に手を置いて(上肢のみを安静にした状態で)、精神的に緊張して呼び出しを待っているときなどに起きやすい。
歩行時に現れる上肢の振戦は(動作緩慢のため手の振りがないので、上肢は「安静」になっていることから)安静時振戦と考える。

お酒を飲むと手の震えが止まる?

お酒を飲むと手の震えが止まる、と聞くとアル中かな?と思いますが、本態性振戦でも飲酒によって症状は軽減されます。

普通の人でもお酒を飲んで緊張を和らげるという人はいますね。

本態性振戦とアルコール依存症は全く関係ありません。

アルコール依存症の特徴

アルコール依存症は、ある一定の期間、一定の量の飲酒を続けることによって、誰もが発症する可能性のある疾患である。

アルコール依存症の患者は全国で82万人存在し、男性では約2%、女性では約0.1%がアルコール依存症と診断されると推定されている。

依存症になると、飲酒のコントロールができなくなり、さまざまな問題が出現しても、量を減らしたり禁酒することができなくなる。

肝障害などの身体的な問題だけではなく、仕事上の問題、家庭内の問題、精神的な問題や事故などを引き起こす原因となるため、その影響はとてつもなく大きい。

近年は、女性と高齢者のアルコール依存症患者が増加してきており、大きな問題となっている。

パーキンソン病は画像診断できない?

パーキンソン病は特別の画像(CT、MRI)や検査で診断できません。

臨床症状とパーキンソン症候群の除外により診断します。

脳梗塞や他の変性症の診断にはMRIは、とても有効な診断法となります。

参考書籍:日経DIクイズ

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク