2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

盲腸は切らないほうがいい?

スポンサーリンク


盲腸は切ったほうがいい?

一昔前までは、虫垂炎といえばすぐ手術でした。
診断精度が低く重症例が見逃されるおそれがあったため、手術でさっさと白黒つけた方が安全だったためです。

現在においても手術が主な治療であることに変わりありませんが、診断精度が格段に向上し、また強力な抗菌薬が開発されたことから、手術以外の治療も行われています。

盲腸は切らないほうがいい?

盲腸には多くの腸内細菌が住んでおり、免疫機能に重要な働きをしているのではないか、といわれ、切らないほうが良いという意見もあります。

 チームは虫垂の働きを調べるため、虫垂を切除したマウスと、していないマウスを比較。

 すると、切除したマウスの大腸内では、腸内細菌のバランス維持を担う抗体を作る免疫細胞が半分になっており、バランスも崩れていた。また、虫垂でできた免疫細胞が、大腸と小腸に移動していることも確かめており、虫垂が腸内細菌のバランスを保つのに役立っていることが分かった。つなごう医療 中日メディカルサイト 虫垂、むやみに取らないで 腸に免疫細胞供給

開腹手術をすれば、術後に起こる癒着により腸管が折れ曲がり、便がスムーズに通過できなくなってしまい、便秘を繰り返すことも多い。

盲腸と虫垂は違う?

盲腸とよく言いますが、俗に言う盲腸という病気は虫垂炎のこと。
虫垂に炎症を起こしている状態。

で、この虫垂のことが盲腸のことだと思っていました。
恥ずかしや。

虫垂とは右下腹部にある盲腸から出ている細長い器官。
盲腸=虫垂ではありません。

虫垂炎は旧来盲腸炎と呼ばれていた時期があり、これは昔、診断の遅れから、開腹手術をした時には既に虫垂が化膿や壊死を起こして盲腸に張り付き、あたかも盲腸の疾患のように見えることがあったためである。虫垂炎 – Wikipedia

盲腸で便が石になる?

一般的に盲腸とよばれる虫垂炎ですが、その原因に糞石というのがあります。
字のとおりウンコが固まってできた石です。
便秘をよくする人で固まってしまうことがあります。
その糞石が虫垂の袋につまって、虫垂炎になります。

スポンサーリンク

血清Cr1.1mg/dLの女性 ダビガトラン投与量の評価方法は?

IMG_0670
薬剤師

80歳女性、体重38kg、血清クレアチニン1.1mg/dLの患者。抗凝固薬であるダビガトランを服用している。ダビガトランは透析患者を含む高度の腎障害患者には禁忌である。この患者のダビガトランの投与量の評価方法として正しいのはどちらか?
A. この患者の糸球体濾過率(eGFR:mL/min/1.73 m2)を計算式より求めると、eGFR=36.7 mL/ min /1.73 m2となる。ダビガトランの添付文書に従い、この方の腎機能障害の度合いは中等度であると判断し、1回110mg1日2回投与とした
B. この患者のクレアチニンクリアランス(CCr:mL/min)をCockcroft-Gaultの計算式より求めると、CCr=24.5 mL/minとなる。ダビガトランの添付文書に従い、この患者の腎機能障害の度合いは高度であると判断し、ダビガトランは「禁忌」であると判断した

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索