更新日:2016年12月23日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ゼローダとワーファリンは併用禁忌?


スポンサードリンク

ゼローダとワーファリンの相互作用

ゼローダワーファリンには相互作用がある。
ゼローダがワーファリンの代謝を阻害し、ワーファリンの作用増強、出血リスクが高まるという。

ワーファリンの警告に、

本剤とカペシタビンとの併用により、本剤の作用が増強し、出血が発現し死亡に至ったとの報告がある。併用する場合には血液凝固能検査を定期的に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。

と書かれている。
ゼローダ側にも、ワーファリンとの併用に関し「警告」欄に書かれている。

しかし、「併用禁忌」ではない。

相互作用の多いワーファリンの添付文書では、「併用注意」に以下のように書かれている。

64. 薬剤名等
薬効分類:抗腫瘍剤
 フルオロウラシル系製剤及びその配合剤
  カペシタビン

臨床症状・措置方法
本剤の作用を増強することがあるので、併用する場合には血液凝固能の変動に十分注意しながら投与すること。

機序・危険因子
相手薬剤が本剤の肝薬物代謝酵素CYP2C9を阻害する。

64番目の併用注意として書かれているのみだ。

機序的にいえばTS-1も同様の注意が必要なので警告に書いてもいいくらいですが、やはり死亡例が出たかどうかという点で、警告に書かれるかどうかの分かれ目になっているのでしょうか。

禁忌にしてしまうと処方できなくなる。警告で最大限の注意を与えている。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク