更新日:2017年1月4日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

インフルエンザにかかったら何日休む?


スポンサードリンク

インフルエンザの出席停止期間

インフルエンザにかかったら何日休めばいいのでしょうか?
学校保健安全法によると、発症後5日間となっている。

 小中高生や大学生がインフルエンザを発症した際の学校の出席停止期間について、文部科学省は現行基準の「解熱後2日間」から「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日間」に改める方針を決めた。タミフルやリレンザなど抗インフル薬の普及で解熱が早くなり、感染力が残ったまま登校するケースが増えているためという。

 発症後5日を過ぎれば、ウイルスがほとんど検出されなくなるという研究報告を踏まえた。幼稚園児は「発症後5日を経過し、かつ解熱した後3日間」とする。

 また、おたふくかぜ、百日ぜきについては、症状などによって出席停止期間を細かく規定するよう見直す。

 関係省令を改正し、4月1日から実施する方針。 朝日新聞デジタル:インフル出席停止「発症から5日」に 文科省方針 – アピタル(医療・健康)

発症後5日かつ解熱後2日。
熱が上がってから最低でも5日間は休まなければならない。
仕事をしてるお母さん方には厳しい。

「タミフルやリレンザなど抗インフル薬の普及で解熱が早くなり、感染力が残ったまま登校するケースが増えているためという。」
どうせ5日間安静にしてなきゃならないんだったら、タミフルやリレンザで罹病期間短縮する意味も薄れる。

何人休んだら学級閉鎖?

何人休んだら学級閉鎖というのは決められていませんが、ある自治体ではクラスの20%と決められています。
30人学級なら6人休んだら学級閉鎖ですね。

これを学校閉鎖にも当てはめると、1学年3クラスの小学校なら4クラス学級閉鎖したら学校閉鎖になりますね。

新型インフルエンザではもっと少ない人数(1クラス2人)で学級閉鎖しているようです。
学級閉鎖の期間もまちまちで4~7日間。

インフルエンザに罹ったら会社は休む?

インフルエンザという診断が下れば、当然会社は休むでしょう。
診断が下れば。

しかし法的にはどうなんでしょう?
感染症法18条に就業制限について書かれています。

「一類感染症、二類感染症、三類感染症及び新型インフルエンザ等感染症等の患者、無症状病原体保有者について医師の届出があった場合、都道府県知事は感染症を公衆にまん延させるおそれがある業務として感染症ごとに厚生労働省令で定められた業務(食品関係や接客業など)への就労制限を通知することができる。」

感染症法上で書かれているのは、「身体や食品に直接触れる業務にかかわる就業」のみです。飲食店や接客業など。
感染症法では、その他の会社には就業制限はありません。

労働安全衛生法68条にも就業制限について書かれています。
「事業者は、伝染性の疾病その他の疾病で厚生労働省令で定めるものにかかった労働者については、厚生労働省令で定めるところにより、その就業を禁止しなければならない」
明記はされていませんが、感染症法上の1類~3類感染症が伝染性の疾病に該当するようです。

インフルエンザは5類感染症扱いになるので、法的には就業制限は無いということになります。

不顕性感染

感染しても症状が出ないことを不顕性感染といいます。

季節性インフルエンザの場合、この不顕性感染の割合は症状が出た人の1.5倍と言われています。
新型インフルエンザでも症状が出た人の1.2倍は不顕性感染とも言われています。

1000万人いたら200万人は無症状ということです。
軽い症状も含めたら、インフルエンザの診断はされなかったけどインフルエンザだった、という患者さんは相当数に上ります。

スポンサードリンク

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    発症の定義は、症状が出たら発症です。
    インフルエンザの症状は、発熱、関節痛、全身倦怠感、頭痛、咳、痰、のどの痛み等です。
    以上。

    yakuzaic:2016/10/25

  2. 発症とは、どの時点なのですか?
    定義を教えていただいても宜しいですか。

    マッチ:2016/10/25

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク