更新日:2017年1月22日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ハーボニーは患者の前で箱を開けるべし?


スポンサーリンク

ハーボニー投薬時の注意事項

バカ高い薬として知られるハーボニー。

その値段の高さゆえ、通常の薬とは違った投薬時の注意事項が存在する。

ハーボニーの薬価は1錠で54796.90円。1錠約5万円。
つまり1瓶28錠で、150万円ということになる。
3割負担で45万円。なんて金額を払うのは難しいので、肝炎治療の助成を受けることになる。
患者負担は月額1万円又は2万円。

患者負担が軽くなると、取り扱いが雑になる可能性があるので、投薬時に「1瓶150万円します」と伝えておく。
薬が足りなくなっても、追加の処方はできません。
1瓶(28錠)単位での処方でなければ、薬局は破綻します。

「入っていた錠剤が足りなかった」というクレームを防ぐために、患者の目の前で箱から取り出し、アルミのシールがされていることを確認しましょう。
それでも足りなかったのなら、俺(薬局)のせいじゃねえ、と主張するためにも。

ハーボニーの綿

ハーボニーやソバルディの瓶は、乳幼児による誤飲を防ぐために開けにくい構造になっています。
キャップを下に押し込みながら回すことで蓋を開けます。投薬時に開け方も説明します。

開封するとボトルの口はアルミで覆おり、それを破いて開封します。
中には、錠剤、綿のような詰め物、乾燥剤が入っています。
錠剤以外は取り除きます。
乾燥剤を残す人もいますが、乾燥剤を取り除いても安定性は証明されているので問題はありません。

怖いのが、瓶から綿を取り除くときに、綿に錠剤が絡んで、綿と錠剤を一緒に捨ててしまうということが起こりえます。
気をつけましょう。

ハーボニーの飲み忘れ

ハーボニーを飲み忘れたとき、
・日付が変わらないうちは気づいたときに飲む
・日付が変わっていたら一回分飛ばす
というのが基本的な対応とのこと。

100%の効果を誇るハーボニー様なので、多少の飲み忘れがあっても効くだろうと考える。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク